コーヒー豆種類

インドネシア産「ガヨ – パンタン・ムサラ」とは?

この記事を書いた人

今野直倫""
 

今野直倫

 

お店のないコーヒー屋 / コーヒーライター
自家焙煎のコーヒーをWebショップで販売。全国でカフェ・イベントを開催。
雑貨屋にコーヒーを卸したり、コーヒーコラムを執筆したりもしています。
 >今野 直倫のプロフィール

この記事では、インドネシア産「ガヨ – パンタン・ムサラ」について特徴・味わいを紹介しています。

インポーターによるフレーバーの紹介に加えて、実際に飲んでみた感想も記載していますので参考にしてください。

今野直倫の手作りコーヒー

インドネシア産「ガヨ – パンタン・ムサラ」とは?

インドネシアはコーヒー生産の盛んな国です。

特にスマトラ島では、マンデリンを始めとした有名な銘柄のコーヒー豆が生産されています。

今回紹介する「ガヨ – パンタン・ムサラ」も、そんなスマトラ島で栽培されたコーヒーです。

ただ、他のスマトラ島で生産されるコーヒー豆とは、精製方法が違います。

スマトラ島では、ミューシレージを残したまま乾燥させる「スマトラ式」の精製方法が伝統的です。

対してガヨ – パンタン・ムサラは、ミューシレージを取り除いてから乾燥させるウォッシュトで精製されます。

ウォッシュトで精製されるコーヒーは、クリアな味わいが特徴です。

  • 生産国:インドネシア
  • エリア:アチェ、タケンゴン、ペガシン、パンタン ムサラ
  • 農園:複数の小規模農家
  • 品種:ガヨ1、ガヨ2、アビシニア、カティモール
  • 精製方法:ウォッシュト

参考:GREEN COFFEE STORE

インドネシア産「ガヨ – パンタン・ムサラ」の味わい

インポーターによるカッピングでは、インドネシア産「ガヨ – パンタン・ムサラ」の味わいは以下のように表現されています。

【カッピング】
アップル、シナモン、グレープ、ナッツ、チョコレート、クリーンカップ

実際に飲んでみると、カッピングプロファイルにシナモンとあるように、スパイシーな香りが感じられました。

一般的なインドネシアコーヒーのコク深い味わいの傾向とは違い、全体的にすっきりした印象です。

軽やかな苦味とフルーティーな果実感の余韻を残しながら、すーっと消えていく感覚があります。

今野直倫の手作りコーヒー

インドネシア産「ガヨ – パンタン・ムサラ」おすすめの飲み方

インドネシア産「ガヨ – パンタン・ムサラ」は、アメリカンコーヒー風にアレンジするのがおすすめです。

抽出したコーヒーをお湯で割って薄めます。

スパイシーなフレーバーがフレーバーティーのように感じられるのが、味わいの特徴です。

お湯で薄めることで苦味が柔らかくなり、スパイシーなフレーバーをダイレクトに感じられます。

ぜひ一度試してみていただけると嬉しいです。

まとめ:インドネシア産「ガヨ – パンタン・ムサラ」とは?

今回は、インドネシア産「ガヨ – パンタン・ムサラ」の特徴・味わいについて紹介しました。

インドネシアといえばマンデリンのイメージが強いですが、実は様々な銘柄があります。

インドネシア産「ジャンビ ハリマウ・タイガー」とは?

インドネシア産「アチェ アルール バダ」はどんなコーヒー?

インドネシア・バリ神山 ハニー|基本情報・フレーバー・飲んだ感想

インドネシア・マンデリン・セブンステラ|基本情報・フレーバー・飲んだ感想

インドネシア産のコーヒーを比べてみると、味わいの違いが感じられて面白いのではないでしょうか。

今野直倫の手作りコーヒー

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP