コーヒー豆種類

エチオピア産「オーガニックウォッシュドグジ – カイヨンマウンテンファーム – シャキソ」

運営者プロフィール

今野直倫""
 

今野直倫

 

お店のないコーヒー屋 / コーヒーライター
自家焙煎のコーヒーをWebショップで販売。全国でカフェ・イベントを開催。
雑貨屋にコーヒーを卸したり、コーヒーコラムを執筆したりもしています。
 >今野 直倫のプロフィール

エチオピア産「オーガニックウォッシュドグジ – カイヨンマウンテンファーム – シャキソ」とはどんな味わいでしょうか?

この記事では、エチオピア産「オーガニックウォッシュドグジ – カイヨンマウンテンファーム – シャキソ」について特徴・味わいを紹介しています。 インポーターによるフレーバーの紹介に加えて、実際に飲んでみた感想も記載していますので参考にしてください。

今野直倫の手作りコーヒー

エチオピア産「オーガニックウォッシュドグジ – カイヨンマウンテンファーム – シャキソ」とは?

エチオピアはコーヒーの発祥の地と言われています。そのため、コーヒーに対してはとても盛んな国で国内で作られたコーヒーの30%から40%は自分たちで飲んでいるそうです。

エチオピアの生産地で有名なものはハラー地方やシダモ地方ですが、最近になりグジやシャキソも聞くようになってきました。

今回はウォッシュトなので全体的にスッキリとした飲み口になっております。

今回栽培しているカイヨンマウンテンファームではウォッシュトとナチュラルの製法2種類の生産方法にて生産がされております。

こちらの農園を運営しているイスメルさんはスタッフのために無料で送迎をしたり学校や管理棟を立てて労働者の経済面もサポートしている素晴らしい方です。

  • 生産地:エチオピア
  • エリア:シャキソ、グジ、オロミア
  • 農園:カイヨンマウンテンファーム
  • 品種:74110, 74112
  • 精製方法:ウォッシュト

参考:GREEN COFFEE STORE

エチオピア産「オーガニックウォッシュドグジ – カイヨンマウンテンファーム – シャキソ」の味わい

【カッピング】カモミール・アップル・チェリー・シロップ

飲んでみた感想としては、最初はフルーティーなカモミールのような香りから始まり、中盤には下に残るような甘み、シロップのような甘さやふんわりとしたりんごの味わいが感じられました。

飲んだ瞬間は深いイメージがありましたが、後味はスッキリとした味わいが余韻として残ります。

普段から自分で飲んでいるコーヒーの焙煎度合いと近くとても飲みやすい印象でした。今度ナチュラルプロセスの豆も出たら比較してみたいですね。

ブラックで飲んでいる方は毎朝飲んでもいいと思えるようなバランスの良い味わいです。

 

今野直倫の手作りコーヒー

エチオピア産「オーガニックウォッシュドグジ – カイヨンマウンテンファーム – シャキソ」おすすめの飲み方

 

エチオピア産「オーガニックウォッシュドグジ – カイヨンマウンテンファーム – シャキソ」は自分好みに落とすことができるハンドドリップで落とすのがおすすめです。

香り・後味ともにスッキリとした印象があるので、少し普段より温度を高くしたお湯で抽出するとより良さを引き出すことができるかと思います。

そうすることによって、花のような香りをコーヒーから感じることができます。

是非一度お試しください。

 

 

 

まとめ:エチオピア産「オーガニックウォッシュドグジ – カイヨンマウンテンファーム – シャキソ」とは?

 

今回は、エチオピア産「オーガニックウォッシュドグジ – カイヨンマウンテンファーム – シャキソ」の特徴・味わいについて紹介しました。

エチオピア産「グジ アルソサラ G1 ナチュラル」とは?

エチオピアのコーヒーといえば全体的にフルーティーですっきりとした酸味が特徴ですがいろんな種類の味わいが農園によっても変わってきますので是非お楽しみください。

 

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP