コーヒー豆種類

ペルー産「リマコーヒー」とは?

こんにちは、放浪のバリスタ兼WEBライターの今野です。

全国各地でコーヒーを淹れたり、各メディア様でコーヒー関連の記事を執筆させて頂いたりしています。

最近はコロナウイルスの影響でカフェを開催できないので、WEBショップでの販売に力を入れている日々です。

今回は、ショップで販売している「スペシャルティコーヒーアソート」の中からリマコーヒーを紹介します。

ペルー産「リマコーヒー」とは?

ペルー産のコーヒーは、あまり飲んだことがないかもしれません。

ただ、実はペルーという国はコーヒー大国で、南米ではブラジル・コロンビアに次ぐ第3のコーヒー生産国です。

リマコーヒーは、Lima Coffees exporting organization(リマコーヒー輸出機構)から出ているコーヒー。

小規模生産者より品質の高いコーヒー豆のみを集めています。

2017年にはペルーで行われた品評会(カップオブエクセレンス)で勝利を収めているほどの品質の高さです。

  • 生産国:ペルー
  • エリア:ハエン、カハマルカ
  • 農園:400名の小規模農家
  • 品種:カトゥーラ, ティピカ, カティモール, ムンドノーヴォ、パチェ
  • 精製方法:ウォッシュト

ペルー産「リマコーヒー」の味わいは?

ペルー リマコーヒー

ペルー産「リマコーヒー」の味わいは、生豆輸入業者によると以下のように表現されています。

【カッピング】
キャラメル、オレンジ、ハーバル、ブラウンシュガー

実際に僕が飲んでみた感想は、上のカッピングで「確かに!」と思うところも多かったです。

まず、一口含むと焙煎の香ばしさが来て、スモーキーな香りがふわっと口の中に香りました。

このスモーキーさが「ハーバル」といえばハーバルかもしれません。

その後に明るいオレンジピールのような酸味が追いかけてきて、口の中が爽やかになります。

苦味も鋭くなく、全体的に軽やかな印象で飲みやすかったですね。

ペルー産「リマコーヒー」のおすすめの飲み方

ペルー リマコーヒー アイス

リマコーヒーのおすすめの飲み方は、何といってもアイスコーヒー。

カップに半分強の氷を入れて、いつもより濃いめに抽出します。

【アイスコーヒーの淹れ方】

  • カップに半分強の氷を入れる
  • 2倍濃縮で濃く抽出する

氷に直接落とすのがおいしく淹れるコツです。

これによってリマコーヒーの爽やかな風味を失わず、氷できゅっと締まります。

オレンジのような爽やかな酸味が心地よく、ゴクゴクいけますよ!

一緒に食べるスイーツは、柑橘系のフルーツを使ったケーキなどで。

リマコーヒーの果実感と、フルーツの果実感が互いの特徴を活かしてくれます。

ペルー産「リマコーヒー」の爽やかさを味わって!

今野直倫

久しぶりにかなり感動したコーヒーだったので、いつも以上に筆が乗ってしまいました。

特にアイスコーヒー。

爽やかな飲み心地が、これからの暑い夏にぴったりです(現在7月上旬)。

ホットもおいしいのですが、ぜひアイスも試してみてください!

▼コーヒーに興味を持っていただけた方は、こちらもぜひ。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP