コーヒー豆種類

エチオピア産「グジ – アルソサラ – G1 – ナチュラル」とは?

エチオピア産「グジ – アルソサラ – G1 – ナチュラル」の紹介ページです。

産地の情報やフレーバー、実際に飲んでみた感想を掲載しています。

コーヒー豆を選ぶ際や、飲んだコーヒーを深く知るきっかけとしてご活用ください。

エチオピア産「グジ – アルソサラ – G1 – ナチュラル」とは?

エチオピア産「グジ – アルソサラ – G1 – ナチュラル」は、コーヒー生産の盛んなエチオピアで生産されています。

本銘柄が生産されるグジ地区ウラガのウォッシングステーション・アルソサラは、2015年に設立されました。

このWSに運び込まれるブルボン種とティピカ種は、どちらもベリー病に抵抗力のある品種です。

また、世界中のほとんどのコーヒー豆の祖先ともいえるコーヒー豆でもあります。

精製方法は、エチオピア伝統のナチュラル(自然乾燥)式。

昔ながらのモカコーヒーのような独特の甘味が感じられる、伝統を受け継いだ銘柄ともいえるでしょう。

  • 生産国:エチオピア
  • エリア:アルソサラ村、ウラガ、グジ地区
  • 農園:1200の小規模農園
  • 品種:ブルボン、ティピカ
  • 精製方法:ナチュラル

出典:GREEN COFFEE STORE

エチオピア産「グジ – アルソサラ – G1 – ナチュラル」の味わい

エチオピア産「グジ - アルソサラ - G1 - ナチュラル」

まずは、生豆から焙煎した「グジ – アルソサラ – G1 – ナチュラル」を実際に飲んでみた感想です。

淹れる前から香りがすごい。
コーヒー豆を挽いたときの香りが甘く、ナチュラル特有の発酵の香り。

口に入れた瞬間、花のような香りがふわっと広がる。
舌に広がるじんわりとした甘み。

焦がしキャラメル、チョコレート

酸味は弱く、あっさりしている。

この銘柄の1番の特徴は、香りだと思います。

飲む前から、もっと言えば豆を挽いているときから、花のようなふわりと辺りに広がります。

ひと口含むと、花の香りは口いっぱいに。

コーヒーは香りを楽しく飲み物だとよく言いますが、それをまさに体現している銘柄です。

まとめ:エチオピア産「グジ – アルソサラ – G1 – ナチュラル」

エチオピア産「グジ - アルソサラ - G1 - ナチュラル」

エチオピア産「グジ – アルソサラ – G1 – ナチュラル」の産地情報・味わいのまとめです。

  • 比較的新しい施設で作られているが、品種・精製方法には伝統が受け継がれている
  • ナチュラル製法の独特の甘味と、花のような香りが特徴。香りを楽しむコーヒー

この銘柄をすでに飲まれたという方は、産地情報を知るとさらにコーヒーを楽しんで頂ければ幸いです。

まだ飲んでいないという方は、一度ぜひご賞味ください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP