コーヒー豆種類

ブラジル産「サントス No.2 17/18」とは?

カフェやコーヒー屋でよく見る銘柄「ブラジル サントス No.2」。

ただ、「ブラジルは分かるけど、『サントス』って何?」「なんでNo.1じゃなくて、No.2なの?」といった疑問があるかもしれません。

今回は、「サントス No.2 17/18」について詳しく解説します。

この記事を読めば、「サントス No.2 17/18」について理解が深まり、コーヒーにちょっぴり詳しくなれます。

ブラジル産「サントス No.2 17/18」とは?

カフェやコーヒー屋で以下の表記を見るかもしれません。

ブラジル サントス No.2 17/18

もしくは、「ブラジル サントス No.2 17」かもしれませんし、「ブラジル サントス No.2 18」かもしれません。

とにかく、【ブラジル+サントス+No.2+数字】という並びです。

この銘柄名の各要素には、以下のような意味合いがあります。

  • ブラジル:生産国
  • サントス:出荷港
  • No.2:グレード
  • 数字:スクリーンサイズ(豆の大きさ)

つまり、「ブラジル サントス No.2 17/18」は、ブラジルのサントスという場所から出荷されるNo.2の豆で、大きさは17と18ですよということです。

ちなみに、スクリーンサイズは20が最大なので、17/18はかなり大粒だといえます。

ブラジル産コーヒーのグレード「No.2」が最高級なワケ

ブラジル サントス No.2

ブラジル産のコーヒーでは、No.2が最高級です。

「いや、No.2なんだから2番目でしょ。」と思われるかもしれませんが、これにはとある理由があります。

ブラジル産コーヒー豆のグレードの基準は、以下の要素だからです。

欠点豆・異物の混入率

欠点豆・異物が0ということは、基本的にはありえません。

だからブラジルはあえてNo.1の等級を設けず、No.2を最高級としているのです。

ちなみにNo.2の欠点豆・異物混入率は、300g中4点までと決められています。

300gというと、だいたいコーヒー30杯分です。

そのうち4個しか欠点豆等がないと考えると、品質の良さがうかがえます。

ブラジル産「サントス No.2 17/18」の味わい

ブラジル サントス No.2 水出し

「サントス No.2 17/18」の味わいは、一言でいえば「クセがない」です。

苦味と酸味のバランスがよく、コーヒーらしい香ばしさがあります。

どちらかというと苦味寄りの傾向で、中深煎り以上で特徴が出やすいです。

そのため、以下の飲み方がおすすめです。

  • 急冷式アイスコーヒー
  • 水出しアイスコーヒー
  • エスプレッソ
  • ブレンド

ブラジル産「サントス No.2」は、昔から日本人に愛されてきたコーヒーです。

コーヒー好きであれば間違いなく、おいしく飲めるでしょう。

まとめ:ブラジル産「サントス No.2 17/18」

今回は、ブラジル産「サントス No.2 17/18」について詳しく解説しました。

本記事の要点は、以下のとおりです。

  • 「ブラジル サントス No.2 17/18」は、ブラジルのサントスから出荷されるNo.2の大きさが17と18のコーヒー豆
  • 欠点豆・異物が0は基本的にはありえないため、ブラジルはあえてNo.1の等級を設けず、No.2を最高級としている
  • 「ブラジル サントス」は、クセがなくどんな飲み方でもおいしく飲めるオールラウンダー

コーヒーの種類名には、こういった様々な意味が隠されています。

少し詳しく知ってみると、コーヒーがもっと楽しくなりますよ。

▼他のコーヒーの種類については、こちら。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP