コーヒー豆種類

コスタリカ産「セロ サン ルイスマイクロミル フィンカ ラ アルキミア」とは?

こんにちは、今野直倫です。

全国各地でコーヒーを淹れたり、各メディア様でコーヒーコラムを執筆させて頂いたりしております。

今回は、スペシャルティコーヒー「セロ サン ルイスマイクロミル」の紹介です。

味わいや産地の特徴など、どんなコーヒーなのか見ていきましょう。

コスタリカ産「セロ サン ルイスマイクロミル」とは?

コスタリカは、コーヒー栽培の盛んな中南米の国。

ビーチ、火山、熱帯雨林、標高の高い山岳地帯など自然環境に恵まれています。

また、コーヒー栽培を政府が全面的にバックアップしていることも特徴です。

コスタリカのコーヒー豆は、各農園が集まってできたマイクロミル(生産処理場)によって作られます。

この「セロサンルイス マイクロミル」もそうです。

セロサンルイス マイクロミルでは、ウォッシュト、ハニー、ナチュラルの精製方法で仕上げられます。

今回紹介するのは、ウォッシュトで精製されたロットです。

▼精製方法については、以下の記事をご覧ください。

  • 生産国:コスタリカ
  • エリア:グレシア ナランホ ウエストバレー
  • 農園:フィンカ アルキミア
  • 品種:ブルボン
  • 精製方法:ウォッシュト

コスタリカ産「セロ サン ルイスマイクロミル」の味わいは?

セロサンルイス マイクロミル

コーヒー生豆の輸入業者によると、セロサンルイス マイクロミルは以下のようなフレーバーだと評されています。

【カッピング】
チョコレート、グレープ、アーモンド、スムースボディ、チェリー

僕が実際に飲んでみた感想は、上記とは若干異なります。

一口含んでみると、クセが全くなく特徴もない……。

と思ったのもつかの間、後からスモーキーな香りが追いかけてきて、エキゾチックなフレーバーを感じました。

酸味はなく苦味も軽やかで、体にするりと入ってくる感覚。

エグ味、雑味も全くなくて非常に飲みやすいです。

コスタリカ産「セロ サン ルイスマイクロミル」おすすめの飲み方

セロサンルイス マイクロミル ミルク

コスタリカ産「セロ サン ルイスマイクロミル」は、カフェオレにするのもおすすめです。

コーヒーをカフェオレにすると、コーヒーの嫌な味わいが悪目立ちしてしまうことがあります。

例えば、酸味が引き立ってしまったり、エグ味だけ強烈に残ってしまったりです。

この「セロ サン ルイスマイクロミル」は、クセがありません。

コーヒー感をしっかり感じながら、ミルクとのバランスを楽しむことができますよ。

コスタリカ産「セロ サン ルイスマイクロミル」のまとめ

今回は、コスタリカ産「セロサンルイス マイクロミル」を紹介しました。

まずはそのまま、豆の個性を味わっていただきたいです。

その後はカフェオレなど、自分好みにアレンジして飲むと2度楽しめますよ。

コスタリカ産のコーヒーは馴染みがないかもしれませんが、どれも個性的で味わい深いものばかりです。

他の記事でもコスタリカのコーヒーを紹介しているので、良かったらご覧ください。

▼他のコーヒーについては、こちら。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP