コーヒー知識

珈琲屋さんがブレンドコーヒーを作るのはなぜ?ブレンドコーヒーを飲んでみよう!

この記事を読んで分かること:

珈琲屋さんがブレンドコーヒーを作るのは、基本的には①誰でも飲めるコーヒーを作るため、②安価で美味しいコーヒーを作るため、③店の定番コーヒーを作るため、の3つです。


コーヒー好きの方

「コーヒー豆を珈琲屋さんで買うけど、コロンビアとかブラジルとかのことが多いなぁ。ブレンドってあんまり買ったことないかも。シングルでそのまま美味しいのになんでブレンドが置いてあるんやろ?」

そういった疑問にお答えします!

◇本記事の内容

1. 珈琲屋さんがブレンドコーヒーを作るのはなぜ?

2. ①誰でも飲めるコーヒーを作るため。

3. ②安価で美味しいコーヒーを作るため。

4. ③店の定番コーヒーを作るため。


皆さん、こんにちは!

コーヒーは豆で買う!

珈琲ユーチューブロガーのこんろです。

ということで、今回は “珈琲屋さんがブレンドコーヒーを作るのはなぜ?” ということについてお話しします。

この記事が、皆さんのコーヒーライフのお役に立てば嬉しいです。

関連記事:
PRINCI BLEND(プリンチブレンド)とは?味は?買って飲んでみた!【ロースタリー限定】

グラビタスブレンド(Gravitas Blend)とは?【スタバロースタリーの看板コーヒー】

沖縄で買うコーヒー好きへのお土産。”サンゴコーヒー”が新鮮で美味しい!
(新しいタブで開きます↑)

1. 珈琲屋さんがブレンドコーヒーを作るのはなぜ?

コーヒー好きの方は、ブラジル、コロンビア、エチオピアなどシングルオリジンのお豆を買うことも多いかと思います。

実際、私もその内の一人で、なぜならシングルの豆やとだいたいこんな味かと想像できるからですね。

じゃあ、なぜそのままで美味しい豆があるにも関わらず、珈琲屋さんはブレンドを作るんでしょうか?

結論からいうと、珈琲屋さんがブレンドコーヒーを作るのは、基本的には以下の3つの理由からです⬇︎


①誰でも飲めるコーヒーを作るため。

②安価で美味しいコーヒーを作るため。

③店の定番コーヒーを作るため。


こんな感じですね。

シングルオリジンは先ほどもいったように、そのままで美味しいです。

なので、「それだけを売っていればええやないか」という声も聞こえてきそうですね。

ただ、珈琲屋さんも「商売」なのです。

そういった経営的な側面からも、ブレンドコーヒーというのは重要な役割を果たしているんです。

では、具体的に上で挙げた3つの理由を見ていきましょうか。

関連記事:
[内部リンク]
(新しいタブで開きます↑)

2. ①誰でも飲めるコーヒーを作るため。

ブレンドの豆を作る理由の1つは、誰でも飲めるコーヒーを置いておくためです。

基本的にはブレンドは誰でも飲めるクセのないコーヒーです。

なので、ブレンドの豆にはブラジルやコロンビアなど中南米産が多いです。

なぜなら中南米産の豆はバランスがいいからなんですね。

お家にブレンドのお豆がある方は確認して頂けると、もしかしたら中南米産のお豆が使われているかもしれませんね。

苦味が苦手、酸味が苦手という方がいるので店としては安定した味わいのコーヒーを用意しておきたいわけです。

なので好みのわからない方は、初めての珈琲屋さんに行ったらまずブレンドを試すといいかと思います^ ^

関連記事:
ブラジルやコロンビアなどの中南米のコーヒーの特徴って??【味わいや銘柄】
(新しいタブで開きます↑)

3. ②安価で美味しいコーヒーを作るため。

ブレンド豆は安価で美味しいコーヒーを提供するためにも作られます。

美味しい豆は概して手に入りにくく高価なことが多いです。

そのため質の良い豆に安価な豆を混ぜて安く美味しいコーヒーを作るんですね。

安価な豆の例としては、例えばロブスタが挙げられます。

ロブスタは病気に強く安定して生産され、かつあまり美味しいとはいえないので、安価で取引される品種です。

対して、私たちがよくシングルで飲むブラジルやコロンビアというのは、全てアラビカ種であり品質がよく美味しいといわれているものになります。

この2つを合わせることで、安価かつ美味しいコーヒーを作る事ができるのです!

関連記事:
コーヒー豆の種類は実は2種類しかない!?あなたが飲んでいるのはどの品種?
(新しいタブで開きます↑)

4. ③店の定番コーヒーを作るため。

最後の3つ目の理由として挙げられるのは、店の定番のコーヒーを作るためです。

ブレンドはその珈琲屋さんの顔なんですね。

ブレンドにはブレンドする人の知識や技術、センスが出ますよね。

つまり店によって味わいが変わり個性が現れるてくるわけです。

個性的かつ、先ほど言ったように「安価」「万人受けする」という特徴があるためその店の看板商品となります。

シングルオリジンもいいのですが、初めての珈琲屋さんではブレンドを試すのもおすすめですよ!

関連記事:
沖縄で買うコーヒー好きへのお土産。”サンゴコーヒー”が新鮮で美味しい!
(新しいタブで開きます↑)

◯まとめ

本記事の内容をまとめます。


1. 珈琲屋さんがブレンドコーヒーを作るのはなぜ?

2. ①誰でも飲めるコーヒーを作るため。

3. ②安価で美味しいコーヒーを作るため。

4. ③店の定番コーヒーを作るため。


こんな感じですね。

今回は、”珈琲屋さんがブレンドコーヒーを作るのはなぜ?” ということについてお話ししました。

美味しいブレンドコーヒーが知りたい方は、こちらも合わせてご覧ください⬇︎

関連記事:
PRINCI BLEND(プリンチブレンド)とは?味は?買って飲んでみた!【ロースタリー限定】

グラビタスブレンド(Gravitas Blend)とは?【スタバロースタリーの看板コーヒー】

沖縄で買うコーヒー好きへのお土産。”サンゴコーヒー”が新鮮で美味しい!
(新しいタブで開きます↑)

今回は、以上です。

SNS(Twitter・YouTube・Instagram)もやっていますので、良かったらそちらからも気軽に質問してくださいね!

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP