コーヒー豆種類

キリマンジャロコーヒーとは?名前の意味・味わいの特徴を解説!

キリマンジャロコーヒーってどういうコーヒーなんだろう?」「キリマンジャロコーヒーってどんな特徴があるの?

今回はそういった方へ向けて、キリマンジャロコーヒーについて詳しく分かりやすく解説していきます。

この記事を参考にして、キリマンジャロコーヒーが何なのかを確認して、キリマンジャロコーヒーを楽しんで飲んでみてください

キリマンジャロコーヒーとは?【名前の意味】

「キリマンジャロ」という名前の付いたコーヒーを、カフェやコーヒー豆屋さん、あるいはスーパーマーケットなどで見たことがあるのではないでしょうか?

キリマンジャロコーヒーの「キリマンジャロ」とは、山の名前です。

キリマンジャロコーヒーというのは、コーヒーの種類や名前というよりは「産地」ということになります。

キリマンジャロは山の名前

キリマンジャロとは、アフリカはタンザニアの「キリマンジャロ山」の麓で生産されたコーヒーのことです。

キリマンジャロ山はタンザニアの北東部に位置しており、標高は5,895mを誇ります。

山脈に属していない独立峰としては、世界で最も高い山です。

ちなみに、キリマンジャロの「キリマ」は「山」の意味を表しており、「ンジャロ」が「輝く」、合わせて「輝く山」といったような意味になります。

キリマンジャロコーヒーの定義

キリマンジャロ山の麓で採れたコーヒーのみが、「キリマンジャロ」と称することを許されます。

基本的には、キリマンジャロ山の麓であっても標高1,500m~2,500mで栽培される豆です。

標高の高いところでは昼夜の寒暖差が激しくなり、品質の高いコーヒーが育ちます。

キリマンジャロに限らず、コーヒーの名前には山の名前が冠されることも多く「ブルーマウンテン」もジャマイカのブルーマウンテン山脈で採れたコーヒーです。

キリマンジャロコーヒーの特徴【味わい・香り】

キリマンジャロコーヒーの主な特徴は、力強い酸味フルーティな香りです。

キリマンジャロ山という寒暖差が激しく、雨量に恵まれた自然環境によって上質な味わいのコーヒーとなります。

また、キリマンジャロは焙煎度によって大きく顔を変えるコーヒー豆で、深煎りでは濃厚なコクや香ばしい香りが特徴です。

上質で特徴的な味わいかつ、焙煎度によって風味を変えるキリマンジャロはどなたも美味しく飲めるコーヒーです。

キリマンジャロコーヒーの美味しい飲み方

せっかく上質な「キリマンジャロ」を飲むのであれば、美味しく飲んでほしい

ということで、ここではキリマンジャロコーヒーの美味しい飲み方を紹介します。

酸味が好きな方、苦味が好きな方もあなた好みの飲み方でキリマンジャロコーヒーを楽しんでみてください

「キリマンジャロブレンド」を飲む

キリマンジャロコーヒーは「キリマンジャロブレンド」としても飲まれます。

具体的にいうと、ブレンドコーヒーの中にキリマンジャロが30%以上含まれるのは「キリマンジャロブレンド」です。

キリマンジャロは酸味が特徴的ですが、「キリマンジャロブレンド」では味が調えられてマイルドな味わいになります。

また、単一のキリマンジャロコーヒーよりも安価な傾向があるので、まずは「キリマンジャロブレンド」から試してみても良いでしょう。

ブレンドコーヒーとは?他のコーヒーとの比較や選び方を紹介

焙煎度で好みの味わいを選ぶ

キリマンジャロをストレートで飲む場合は、焙煎度で好みの味を選ぶと良いでしょう。

具体的には、酸味が好きな方は浅煎り~中煎り苦味が好きな方は中深煎り~深煎りがおすすめです。

あるいは極深煎りのキリマンジャロでエスプレッソを淹れても、コクと苦みが楽しめます

「酸味は苦手……」と思っている人でも、上質なキリマンジャロの酸味を味わうとコーヒーの酸味に対するイメージががらっと変わるかもしれません。

まとめ:キリマンジャロコーヒーを飲んでみよう!

今回は、キリマンジャロコーヒーについて解説してきました。

本記事の要点は、以下の通りです。

  • キリマンジャロコーヒーの「キリマンジャロ」はタンザニアの山の名前
  • キリマンジャロコーヒーの特徴は力強い酸味とフルーティーな香り
  • キリマンジャロブレンドや深煎りで飲むと酸味がマイルドで飲みやすい

この記事を参考にして、キリマンジャロコーヒーが何なのかが分かり、キリマンジャロコーヒーを楽しんで飲めるようになれば嬉しいです。

ブレンドコーヒーとは?他のコーヒーとの比較や選び方を紹介

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP