コーヒー知識

【急冷式アイス珈琲】フィルター二枚重ねでじっくり淹れる濃厚な味わい!!

この記事を読んで分かること:

急冷式アイスコーヒーは、ペーパーフィルターを二枚重ねでじっくり淹れると、濃厚でキリッとした苦味があり、かつクリアな味わいになります!


コーヒー好きの方

「夏はやっぱりアイスコーヒーやよなぁ。なんでカフェのアイスコーヒーってあんなに濃厚でキリッとして美味しいんやろ?あれが家でも作れたらええのになぁ……」

そういった疑問にお答えします!

◇本記事の内容

1. フィルター二枚重ねでじっくり淹れる濃厚な味わい!!

2. 急冷式アイスコーヒーの作り方。

3. 実際に淹れてみた!!【動画・画像あり】


皆さん、こんにちは!

水分は冬はホットコーヒー、夏はアイスコーヒー、珈琲ユーチューブロガーのこんろです。

ということで、今回は “しっかり濃厚急冷式アイスコーヒーの作り方” についてお話しします。

この記事が、皆さんのコーヒーライフのお役に立てば嬉しいです。

関連記事:
急冷式で淹れるアイスコーヒー!味変えで4回楽しむ!!
(新しいタブで開きます↑)

1. フィルター二枚重ねでじっくり淹れる濃厚な味わい!!

結論からいうと、今回お伝えする急冷式アイスコーヒーは、フィルター二枚重ねでじっくり淹れるので濃厚な味わいに仕上がります。

アイスコーヒーには、基本的に2つの淹れ方があって1つはそもそも水で淹れる水出しコーヒーと、普通にドリップしてその場で冷やして作る急冷式があります。

今回は後者の急冷式で淹れるのですが、ただの急冷式ではありません!!

なんと、ペーパーフィルターを二枚重ねにします。

「え?どゆこと?笑」

と思われた方、いると思います。

ただこれは私が勝手に言っているわけではなく、実はあるコーヒー屋さんに聞いた方法です。

ペーパーフィルターを二枚重ねにすると、ネルドリップのような濃厚でリッチなコーヒーが抽出できるとのこと!

ということで、これを応用してアイスコーヒーのレシピを作ったので紹介します。

めちゃくちゃ美味しいので是非真似してみてくださいね。

2. 急冷式アイスコーヒーの作り方。

では、早速アイスコーヒーの作り方をご紹介しますね!

2-1. 準備するモノ

(1杯分)

・コーヒーサーバー

・氷60g

・ドリッパー

・ペーパーフィルター ×2

・コーヒー粉 10g

2-2. 作り方

①サーバーに氷60gを入れる。

②ドリッパーを乗せフィルターを二枚重ねでセットする。(←ここ大事!)

③コーヒー粉10gを入れる。

④いつもよりじーーーっくり淹れる。

⑤60ml抽出したらドリッパーを外して完成!


ポイントになるのは、フィルターを二枚重ねにすること、1/2杯分だけ抽出することです!

本当は一杯分抽出できるところを、あえて前半だけ抽出することで、濃ゆーいコーヒーを淹れることができるのです。

アイスコーヒーというと氷が溶けて薄くなってしまうイメージがありますが、この作り方やと最後までしっかり濃いコーヒーを楽しめますよ〜

3. 実際に淹れてみた!!【動画・画像あり】

では、上の淹れ方で実際にアイスコーヒーを作ってみましょう!

動画があるのでこちらも参考にどうぞ⬇︎

これを見て頂けるとわかりますが、ドリッパーから落ちてくる抽出液はほんまに濃ゆーいです。笑

たぶん、そのまま飲むと苦過ぎて口に合わないと思います。

なので、氷を最終的に飲みたい量(一杯分=120ml)の半分を用意しておくんですね。

で、氷と同じ量のコーヒーが抽出出来たら、お湯がドリッパー内に残っていても外します!

そうしないと、薄いアイスコーヒーになってしまいますからね。

完成したらキリッとした苦味を冷たいうちに楽しんでください^ ^

また、⬇︎の記事では、急冷式で出したアイスコーヒーのアレンジ方法を紹介していますので、興味のある方はそちらもどうぞ〜

関連記事:
急冷式で淹れるアイスコーヒー!味変えで4回楽しむ!!
(新しいタブで開きます↑)

◯まとめ

本記事の内容をまとめます。


1. フィルター二枚重ねでじっくり淹れる濃厚な味わい!!

2. 急冷式アイスコーヒーの作り方。

3. 実際に淹れてみた!!【動画・画像あり】


こんな感じですね。

今回は、”フィルター二枚重ねでじっくり淹れるアイスコーヒー” についてお話ししました。

このアイスコーヒーを4倍楽しみたい方は、こちらも合わせてご覧ください⬇︎

関連記事:
急冷式で淹れるアイスコーヒー!味変えで4回楽しむ!!
(新しいタブで開きます↑)

今回は、以上です。

SNS(Twitter・YouTube・Instagram)もやっていますので、良かったらそちらからも気軽に質問してくださいね!

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP