コーヒー豆の種類

グアテマラ産「ポルフィリオ バスケスM – フィンカ リンダ ビスタ – カトゥーラ」

運営者プロフィール

今野直倫""
 

今野直倫

 

COWRITE COFFEE 代表 / コーヒーライター
千葉県千葉市にある、小さなコーヒー屋の代表です。
Webショップ運営。全国でカフェ・イベントを開催。
コーヒーコラムの執筆、動画・画像制作もしています。
 >今野 直倫のプロフィール


グアテマラ産「ポルフィリオ バスケスM – フィンカ リンダ ビスタ – カトゥーラ」の産地情報・味わいの紹介ページです。

インポーターによるフレーバーだけでなく、実際に飲んでみた感想・おすすめの飲み方なども紹介しますので参考にしてください!


グアテマラ産「ポルフィリオ バスケスM – フィンカ リンダ ビスタ – カトゥーラ」とは?

グアテマラは、コーヒー生産の盛んな国です。

特にアンティグア地方・ウエウエテナンゴ地方のコーヒーは有名で、カフェなどでもよくお目にかかります。

グアテマラ産「ウエウエテナンゴ ワイカン」|どんなコーヒー?

今回の「ポルフィリオ バスケスM – フィンカ リンダ ビスタ – カトゥーラ」は、コロテナンゴという地域で作られています。

上で紹介したウエウエテナンゴの近くです(名前も似ていますね)。

銘柄名にもあるようにカトゥーラ種という品種のコーヒーです。

精製方法はウォッシュトで、2〜3回水洗いされた後、3〜4日かけてパティオで乾燥させて出荷します。

  • 生産国:グアテマラ
  • エリア:イクスコンラ、コロテナンゴ
  • 農園:リンダビスタ
  • 品種:カトゥーラ
  • 精製方法:ウォッシュト

参考:GREEN COFFEE STORE


グアテマラ産「ポルフィリオ バスケスM – フィンカ リンダ ビスタ – カトゥーラ」の味わい

グアテマラ産「ポルフィリオ バスケスM – フィンカ リンダ ビスタ – カトゥーラ」は、インポーターのカッピングでは以下のように表現されています。

【カッピング】
チョコレート、ベリー、チェリー、ラズベリー、スムース

実際に飲んでみましたが、確かにチョコレートのような甘味と軽やかな苦味が感じられました。

また、中深煎りで焙煎したのですが、果実感が感じられてベリーや柑橘系の甘みを感じることもできます。

フルーツケーキやタルトなどと合わせるとおいしいでしょう。


グアテマラ産「ポルフィリオ バスケスM – フィンカ リンダ ビスタ – カトゥーラ」おすすめの飲み方

家に生クリームがあったので、ウィンナーコーヒーにしていただきました。

生クリームは甘さ控えめで。

コーヒーの甘味とビターチョコレートのような軽やかな苦味が、生クリームのミルク感と非常に相性が良いです。

今回はホットでいただきましたが、アイスにしても爽やかな苦味が活きておいしそうです。

ウィンナーコーヒーも、アイスコーヒーもぜひ試してみてください。


まとめ:グアテマラ産「ポルフィリオ バスケスM – フィンカ リンダ ビスタ – カトゥーラ」

今回は、グアテマラ産「ポルフィリオ バスケスM – フィンカ リンダ ビスタ – カトゥーラ」を紹介しました。

「ポルフィリオ バスケスM – フィンカ リンダ ビスタ – カトゥーラ」は、グアテマラ産コーヒーの王道をいくコーヒーだと感じました。

クセがなく、どなたにも飲みやすい銘柄ですので、ぜひ一度味わっていただければと思います。

【10月限定】プレオープン記念
ドリップバッグ1杯プレゼント!/

公式LINE

コメント

この記事へのコメントはありません。

▼サイト内検索▼

PAGE TOP