コーヒー豆種類

グアテマラ産「ウエウエテナンゴ ワイカン」|どんなコーヒー?

放浪のバリスタ兼WEBライターの今野です。

全国を周ってコーヒーを淹れたり、コーヒー豆をWEBで販売したり、コーヒーコラムを書いたりしています。

今回は、グアテマラ産「ウエウエテナンゴ ワイカン」のレビューです。

どこで作られたコーヒーなのか、どんな味わいなのかを紹介します。

グアテマラ産「ウエウエテナンゴ ワイカン」ってどんなコーヒー?

ウエウエテナンゴって変な名前やなぁ。

それが僕のウエウエテナンゴへの第一印象でした。

でも、色んなコーヒー屋さんで見かけることがあったし、自分でも仕入れてみようと思ったんですね。

ウエウエテナンゴって何?呪文?

と思った方もいらっしゃるかもしれませんね。

でも、実はウエウエテナンゴとはグアテマラの地名です。

  • 生産国:グアテマラ
  • 地域:ウエウエテナンゴ
  • 農園:様々な小規模農家
  • 品種:ブルボン、カトゥーラ、カトゥアイ、マラゴジッペ、パチェ
  • 精製方法:ウォッシュト

そして、「ワイカン」とは銘柄名でマヤ語で「夜空に輝く星」という意味です。

その他にも豆の詳細を書きましたが、参考程度に見て頂ければ。

よく分からないけど知りたい!

という方は、以下の記事を見てみると参考になります。

グアテマラ産「ウエウエテナンゴ ワイカン」の味わいって?

あなたは、ウエウエテナンゴを飲んでみて、どんな感想を持ちましたか?

僕は実際に飲んでみて、こんなふうに感じました⇩

  • グアテマラらしいフルーティな酸味
  • ナッツのように香ばしい甘味
  • 紅茶のような若干の渋味

これはあくまで僕の感想ですし、絶対ではありません。

コーヒーの味わいは人によって様々な感じ方があって、ある人は

ピーチのようにジューシー

と言っていても、またある人は、

チョコレートのように甘い

と言うこともあります。

ただ、国や地域によってある程度の味わいの方向性はあります。

なぜなら、コーヒー豆の味わいは気候や自然環境に大きく左右されるからです。

例えば、グアテマラ産のコーヒーは、

  • フルーティな酸味
  • 花のようなフローラルな香り
  • チョコレートのような甘味

このあたりが特徴だと一般的にいわれています。

グアテマラ産「ウエウエテナンゴ ワイカン」のカップテイスト

では、ウエウエテナンゴの場合はどうなのかというと、次のように味わいが表現されています。

  • フローラル
  • キャラメル
  • ベリー
  • チェリー
  • ピーチ

これはカップテイスターという、味わいを査定する人が表現している「目安」です。

あくまで目安なので、必ずこう感じなければいけないというわけではありません。

 

ピーチ……そんな味するかなぁ?

というのは、よくあることです。

僕も「本当にベリーかな?」などと思うことは、よくあります。

ただ、コーヒーの中に「ベリーっぽさ」や「キャラメルっぽさ」を感じられると、「おっ!」という軽い感動があります。

色々なコーヒーを飲み比べてみると、共通点や違いが分かるようになってきますよ!

まとめ:グアテマラ産「ウエウエテナンゴ ワイカン」を楽しんでください!

僕の個人的な感想としては、ウエウエテナンゴは酸味が強めでフルーティーで、とてもさわやかなコーヒーだと思いました。

あなたはどう感じましたか?良かったらTwitter・Instagram等で感想を教えてくださいね。

あなたの感じるままに色んなコーヒーを楽しんでもらえれば、それ以上嬉しいことはありません。

「他にどんなコーヒーがあるのかな?」と気になる方は、以下の記事もご覧ください⇩

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP