コーヒー豆種類

グアテマラ産「エル インヘルト」はどんなコーヒー?

こんにちは、放浪のバリスタの今野です。

全国を周ってコーヒーを淹れたり、コーヒー豆を販売したり、コーヒーコラムを書いたりしています。

今回は、グアテマラ産「エル インヘルト」というコーヒーがどんなコーヒーかを紹介します。

実際に焙煎&ドリップして飲んでみましたよ!

グアテマラ産「エル インヘルト」はどんなコーヒー?

グアテマラはコーヒー栽培の盛んな国で、全国いたるところでコーヒーが生産されています。

エル・インヘルト・ウノ農園は、グアテマラでコーヒー生産の盛んなエリアの1つ「ウエウエテナンゴ」にあります。

エルインヘルト農園のコーヒーは、毎年グアテマラのスペシャルティコーヒーコンペティションで上位入賞しています。

有機物質に富んだ火山性の土壌、冷涼な気候、適度な湿度がコーヒー豆の栽培にぴったりの環境です。

それに加えて、農園主の徹底した研究・生産管理によって高品質なコーヒー豆が作られています。

  • 生産国:グアテマラ
  • エリア:ウエウエテナンゴ
  • 農園:エル・インヘルト・ウノ農園
  • 品種:ブルボン、カトゥアイ
  • 精製方法:フリィウォッシュト
  • 認証:レインフォレストアライアンス

グアテマラ産「エル インヘルト」の味わいは?

 

このコーヒーってどんな味わいなの?

そんな風に疑問に思った方もいるかもしれません。

グアテマラ産「エル インヘルト」のカップテイストは、こんな感じで表現されています。

フローラル、チェリー、オレンジ、ワイン、レッドカラント、フランボワーズ、ミルクチョコレート

もちろん、コーヒーの感じ方は人それぞれです。

コーヒー屋さんによっても味の表現の仕方は異なりますし、「あなたが感じたもの」それがこのコーヒーの味わいです。

僕が飲んでみた印象は、やさしい苦味のあるバランスの良いコーヒーです。

全体的にチョコレートのような香ばしさがあり、後からオレンジのようなほのかな酸味が感じられました。

あなたは、どう感じたでしょうか?

コーヒーの感想を語り合えたら嬉しいです。

まとめ:グアテマラ産「エル インヘルト」はいかがでしたでしょうか?

今野直倫

僕は、放浪のバリスタ・コーヒー屋さん・コーヒーライターとして活動している、ただのコーヒー好きです。

▼放浪のバリスタの活動

▼WEBコーヒーショップ

▼ライターの実績

コーヒーは味や香り、品質、新鮮さももちろん大事です。

ただ、僕は「コーヒーの楽しさ」を一番大事にしています。

美味しいだけでなく「楽しい」コーヒーを作り、生活にささやかな幸せを届けられたらと思っています。

▼プロフィール

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP