コーヒー豆種類

ブラジル産「ファゼンダ・モイーニョ – イエローブルボン 」とは?

この記事を書いた人

今野直倫""
 

今野直倫

 

お店のないコーヒー屋 / コーヒーライター
自家焙煎のコーヒーをWebショップで販売。全国でカフェ・イベントを開催。
雑貨屋にコーヒーを卸したり、コーヒーコラムを執筆したりもしています。
 >今野 直倫のプロフィール

この記事では、ブラジル産「ファゼンダ・モイーニョ – イエローブルボン 」の特徴・味わいについて紹介しています。

インポーターによるカッピングプロファイルに加えて、実際に飲んだ感想も記載していますので参考にしてください。

今野直倫の手作りコーヒー

ブラジル産「ファゼンダ・モイーニョ – イエローブルボン 」とは?

ブラジルは、いわずと知れた世界最大のコーヒー大国です。

ブラジルサントスを筆頭に、日本でも馴染みのある銘柄が多く生産されています。

ブラジル産「サントス No.2 17/18」とは?

今回紹介する「ファゼンダ・モイーニョ – イエローブルボン 」は、コーヒー豆の生産が盛んなミナスジェライス州で生産されています。

農園主のロブソン・ヴィレラ・マルティンス氏は、前職は歯科医という異色の経歴の持ち主です。

しかし、COE(カップオブエクセレンス)を受賞するなど、生産者としての実力も遜色ありません。

独断ではなく、従業員の声を聞きながら経営。

そういった元歯科医の農園主の姿勢が、ファゼンダ・モイーニョ – イエローブルボンの質にも反映されています。

  • 生産国:ブラジル
  • エリア:マンテクエイラ ドゥ ミナス、ミナスジェライス
  • 農園:モイーニョ
  • 品種:イエローブルボン
  • 精製方法:パルプドナチュラル

参考:GREEN COFFEE STORE

ブラジル産「ファゼンダ・モイーニョ – イエローブルボン 」の味わい

ブラジル産「ファゼンダ・モイーニョ – イエローブルボン 」は、コーヒーの王道を行く味わいが特徴です。

コーヒー感がしっかりとあり、苦味とコクも強く感じられます。

ただし、苦いだけではなく、苦味の中にチョコレートのようなほんのりとした甘味があります。

コーヒー好きの方にはたまらないコーヒーの銘柄でしょう。

今野直倫の手作りコーヒー

ブラジル産「ファゼンダ・モイーニョ – イエローブルボン 」おすすめの飲み方

ブラジル産「ファゼンダ・モイーニョ – イエローブルボン 」は、カフェオレにして飲むのがおすすめです。

ミルクの優しい味わいが、苦味をマイルドにし、コーヒーの甘味を引き立ててくれます。

コクがしっかりしているので、ミルクに負けることはなくコーヒー感もしっかり感じられるでしょう。

ミルクとの相性も抜群のコーヒーの中のコーヒーといった銘柄です。

まとめ:ブラジル産「ファゼンダ・モイーニョ – イエローブルボン 」

今回は、ブラジル産「ファゼンダ・モイーニョ – イエローブルボン 」の特徴・味わいを紹介しました。

ブラジル産のコーヒーは基本的にバランスが良く、好き嫌いの分かれない味わいのものが多いです。

このファゼンダ・モイーニョ – イエローブルボンも、例に漏れずバランスの取れていて飲みやすいコーヒーです。

バランスの取れたコーヒーがお好きな方は、ぜひ一度召し上がってみてください。

今野直倫の手作りコーヒー

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP