コーヒー豆種類

コロンビア「リディア パスクアス – エル ピタル – ウィラ」|どんなコーヒー?

放浪のバリスタ兼WEBライターの今野直倫です。

全国を周ってカフェ・イベントを開催したり、他社メディア様にてコーヒーコラムを執筆したりしています。

今回は、コロンビア産「リディア パスクアス – エル ピタル – ウィラ」がどんなコーヒーなのか?を紹介します。

焙煎~ドリップまで行った僕が、生の感想をお届けします!

コロンビア産「リディア パスクアス – エル ピタル – ウィラ」って?

コロンビアといえば、誰もが知っているコーヒー大国。

コーヒーに詳しくない方でも、飲んだことはあるかもしれませんね。

「リディア パスクアス – エル ピタル – ウィラ」は、コロンビアの中でも特にコーヒー栽培の盛んな「ウィラ地区」で生産されたコーヒー豆です。

詳細を載せておくとこんな感じ⇩

  • 生産国:コロンビア
  • 地域:サン ホセ デル ピタル、エル ピタル 、ウィラ
  • 農園:エルノガル
  • 品種:カトゥーラ
  • 精製方法:ウォッシュト

品種とか精製方法とかよく分からないわ

という方もいらっしゃると思います。

が、とりあえず「コロンビア(国)のウイラ(地域)で採れたんだなぁ」と思っておけばOKです。

「品種」「精製方法」など、コーヒー豆の種類に興味がある方は以下の記事が参考になるかと思います。

コロンビア産「リディア パスクアス – エル ピタル – ウィラ」の味わいは?

コーヒーの味わいは、飲んだあなたが感じたものが全てです。

とはいえ、

言葉で表現できない……!

皆はどんな味に感じているんだろう?

という方もいらっしゃると思います。

そこで、コーヒーの味わいの目安になるカッピングテイストと、僕が飲んでみた感想をお伝えさせていただきます。

【カッピングテイスト】
フローラル、カシス、オレンジ、ピーチ、トロピカル、クリーミー

フローラルで果実感のある味わいだとたとえられています。

本当にオレンジの味するかしら?

という方もいると思いますが、ご安心ください。

あくまでカッピングテイストは、カップテイスター(審査員みたいな人)が「こんな雰囲気ですよ」という目安を出しているものです。

人によって味覚の捉え方は違いますから、必ずそう感じなきゃいけないというものではありません。

何か、ちょっとピーチっぽいかも!

と思えたりすると表現の幅も広がりますし、コーヒーが楽しくなります。

色んなコーヒーを飲み比べると、

こっちはナッツっぽくて、こっちはどっちかというとフルーツっぽいわね。

というのを感じたりするので、楽しいです。

コロンビア産「リディア パスクアス – エル ピタル – ウィラ」の感想

ちなみに、僕は実際に焙煎・ドリップして飲んでみて、こんなふうに感じました。

【今野の感想】

  • 苦味・酸味のバランスが良い
  • フルーティでほど良い酸味
  • クリーミーな口当たりと甘味

果実感のある甘味の余韻が残ります。

また、精製処理の段階で4回も水洗いされているだけあって、雑味がなくとてもクリーンです。

僕のおすすめの飲み方は、アイスコーヒーですね。

少しだけ濃いめに抽出して、氷できゅっと冷やします。

「リディア パスクアス – エル ピタル – ウィラ」のクリーンさと、フルーティな果実感がまるでジュースのようです。

ゴクゴクいけるので暑い日におすすめですね。

ホットももちろん美味しいですが、アイスコーヒーも試してみてください!

▼Instagramでもコーヒーの感想などを投稿してます。

まとめ:コロンビア「リディア パスクアス – エル ピタル – ウィラ」

今回は、コロンビア産「リディア パスクアス – エル ピタル – ウィラ」がどんなコーヒーか?を紹介しました。

少し詳しい部分もありましたが、基本的には感じたままにコーヒーを楽しんでもらえるのが一番うれしいです。

他のコーヒー豆についても紹介していますので、興味がありましたらそちらもご覧ください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP