コーヒー豆の種類

インドネシア産「マンデリン ブルーバタック」とは?

運営者プロフィール

今野直倫""
 

今野直倫

 

COWRITE COFFEE 代表 / コーヒーライター
千葉県千葉市にある、小さなコーヒー屋の代表です。
Webショップ運営。全国でカフェ・イベントを開催。
コーヒーコラムの執筆、動画・画像制作もしています。
 >今野 直倫のプロフィール


インドネシア産「マンデリン ブルーバタック」とはどんな味わいのコーヒーでしょうか?

今回はインドネシア産「マンデリン ブルーバタック」の特徴や味わいについて記載していきます。

インポーターによるフレーバーの紹介に加えて、実際に飲んでみた感想も記載していますので参考にしてください。

 


インドネシア産「マンデリン ブルーバタック」とは

インドネシアはコーヒー生産量が世界第3位であるコーヒーの生産地です。

有名なものとしてはマンデリン・トラジャ・ジャコウネコの糞から作られるコピ・ルアク等が挙げられます。

今回のインドネシア産「マンデリン ブルーバタック」もマンデリンの一種で、マンデリンの特徴としては独特な香りを感じられることで有名です。

こちらのブルーバタックはトバ湖と呼ばれる湖の付近で栽培されており、そこに住んでいるバタク族という民族がコーヒーの生産を行っています。

普段のマンデリンとは違い、評価基準なども設けられており安定した味わいで届けられています。

  • 生産地:インドネシア
  • エリア:スマトラ島のトバ湖南部:ドロクサングル村
  • 精製方法:スマトラ式

 


インドネシア産「マンデリン ブルーバタック」の特徴と味わい

カッピング:ハーブ・スムース・ハーバル

飲んでみた感想としては、マンデリン独特の風味をとても感じられるコーヒーでした。

しかしながら後味はすっきりと抜けて、とても飲みやすい味わいになっています。

マンデリンの風味を感じつつも深すぎず飲みやすい印象です。

 


インドネシア産「マンデリン ブルーバタック」のおすすめの飲み方

インドネシア産「マンデリン ブルーバタック」のおすすめの飲み方はハンドドリップでしっかりと甘さも出すことができる温度が低めの抽出です。(約85〜88℃あたり)

少し低めの温度で抽出することによって甘さが引き立ち、より美味しく感じられます。

その後はミルクで割って飲んだり、もしあればポーションミルクとも相性がいいのでぜひ入れて飲んでみてください。

 


まとめ:インドネシア産「マンデリン ブルーバタック」とは

今回は、インドネシア産「マンデリン ブルーバタック」について紹介しました。

他にもインドネシアの豆の紹介をしておりますので、参考にしてみてください。

インドネシア産「ガヨ パンタン・ムサラ」とは?

インドネシア産「ジャンビ ハリマウ・タイガー」とは?

インドネシア産「アチェ アルール バダ」はどんなコーヒー?

インドネシア・バリ神山 ハニー|基本情報・フレーバー・飲んだ感想

インドネシア・マンデリン・セブンステラ|基本情報・フレーバー・飲んだ感想

【10月限定】プレオープン記念
ドリップバッグ1杯プレゼント!/

公式LINE

コメント

この記事へのコメントはありません。

▼サイト内検索▼

PAGE TOP