自分で淹れたコーヒーが苦い?渋い?その原因はお湯の温度かも!!

コーヒー知識

この記事を読んで分かること:

自分で淹れた珈琲が苦い、渋いという場合、その原因は抽出時の温度が高いということです。


コーヒーをお家で淹れている方

「コーヒーを家で淹れとるんやけど、どうにも苦い、渋い。色々気遣って淹れとるんに、なんでこうなるんかなぁ……。どうしたら改善できるのか教えて!」

そういった疑問にお答えします!

◇本記事の内容

1. 珈琲が苦い?渋い?その原因はお湯の温度かも!!

2. 高温で抽出するとなぜ苦く、渋くなるの?

3. 浅煎りを淹れる場合は注意!!


皆さん、こんにちは!

毎日欠かさずコーヒーを淹れている、珈琲ユーチューブロガーのこんろです。

ということで、今回は “コーヒーを抽出するお湯の温度” についてお話しします。

この記事が、皆さんのコーヒーライフのお役に立てば嬉しいです。

関連記事:
ハンドドリップで味を変える4つの要素。これが分かれば自由自在!!
(新しいタブで開きます↑)

この記事を書いた人
今野直倫

【放浪のバリスタ / WEBライター】コーヒーとモノ書きで生きてる25歳。|心気症を患い、通勤中に倒れて「好きなことをする」と決めました。|全国各地でカフェ開催 / コーヒー販売 / コーヒーコラム執筆|周りの人を助けるための会社を作ります。

今野直倫をフォローする

1. 珈琲が苦い?渋い?その原因はお湯の温度かも!!

結論からいうと、自分で淹れた珈琲が苦い、渋いという場合、その原因は抽出時の温度が高いということです。

自分で淹れた珈琲が苦い!渋い!という方、いますよね。

私も昔はそうでした。

ちゃんと粉の量も測っている、注ぎ方も気をつけている、なんで不味いん?

そう思って悩んでいました。

そんな方に聞きたいのが「湯の温度測ってますか?」ということ。

もしかしたら、コーヒーが苦い、渋いというのは温度を下げるだけで解決するかもしれません!

温度が高いと苦味や雑味が出やすくなってしまうんですよね。

苦いというのもいい苦味ではなく悪い苦味です。

温度を測って低音で抽出するとマイルドで飲みやすい珈琲になるということがいえるんです。

この記事では、それについて深掘りしていきます。

関連記事:
コーヒーを入れるときの適温って何度くらい?実は豆によって変わるんです!!
(新しいタブで開きます↑)

2. 高温で抽出するとなぜ苦く、渋くなるの?

高温で抽出するとなぜ苦く・渋くなるんでしょうか?

それを特には、珈琲を水で抽出しないことがヒントになります。

特殊な例(水出しコーヒー、ダッチコーヒーなど)を除いて、コーヒーはお湯で抽出しますよね。

それは、温度を上げることで珈琲の成分が抽出しやすくなるからなんです。

つまり温度を上げれば上げる程、味が出ることになります。

旨味が出るのはいいんですが、その後には渋みも出てくるんですね。

「苦くて不味い」という場合ほとんどこの渋みが原因になっています。

イメージとしては、旨味が出切って、もう美味しい成分がないよ〜となると、渋みや雑味が出てくるというイメージです。

なので、コーヒーを抽出する場合、沸かしたての熱湯を使うのではなく、少し冷ましてから使ってください!

具体的には85℃くらいには下げるといいですね。

今まで温度を測っていなかった方は、これをするだけでだいぶ変わりますよ!

関連記事:
【水出しコーヒー作り方】時短で作れてコスパ最強の淹れ方は水出し一択!
(新しいタブで開きます↑)

タイトルとURLをコピーしました