珈琲のフードペアリング〜基礎〜

おうちカフェ

6畳1Kのウチカフェからこんにちは🌞

管理人のKOnnROと申します。

今回は、最近興味がふつふつと湧いている「フードペアリング」について、基礎的なことを書いていこうと思います。

すでに他のサイトさんでも詳しく書かれていたりするのですが、自分のための備忘録と、私のようにフードペアリングについて最近興味を持った! というような方のためになればいいと思って公開します。

かなり基礎的な内容になりますが、参考になれば幸いです♪

この記事を書いた人
今野直倫

【出張バリスタ兼WEBライター】
通勤中に泡を吹いて倒れ教師辞める➡︎出張カフェ&WEBライター開始➡︎現在|全国各地で出張カフェ。本州一周出張カフェ旅。おうちや公園にも出張|お支払いは『投げ銭』|JSFCAコーヒーソムリエ・食品衛生責任者・飲食営業許可取得。【11月末までに30万用意してキッチンカーを作る】

今野直倫をフォローする

1. フードペアリングとは。

フードペアリングとは、相性の良い食べ物を選ぶ、ということ。

ようは、「食べ合わせ」ですね!

人によって味の感じ方は微妙に異なるので、一概にそうとはいえませんが、おおよその人が相性がいいと感じるものをチョイスすることが大事です。

赤ワインには肉、白ワインには魚といったような具合に、世間一般に合うと考えられている組み合わせがありますよね?

珈琲の種類によっても、ワインの種類のように、合う食べ物と合わない食べ物があるんです。

珈琲なので、合わせる食べ物は「スイーツ」という括りになりますが、一口に「スイーツ」といっても色々ありますからね。

では、実際にフードペアリングを見ていきましょう!



2. フードペアリングの基本的な考え方。

フードペアリングを考えるとき、基本的には「似たようなもの同士」を選ぶと失敗がありません。

例えるなら、サッカー好きはサッカー好きと、野球好きは野球好きと友達になりやすい、といったところでしょうか。笑

同じ趣味趣向を持った者が集まると、1+1どころではなく、何倍ものエネルギーを生むことがありますよね。

それがフードペアリングにも言えるのです!

似たような香りを持つものが合わさると、その香りが何倍にも増幅されます。

似たような味を持つものが合わさると、その味がさらに豊かになります。

では、珈琲とスイーツではどんな組み合わせが考えられるでしょうか?

次から具体的に見ていきましょう^ ^



3. 酸味寄りの珈琲とのペアリング。

酸味が豊かで、フルーティな珈琲の場合を考えてみましょう!

産地でいうと、ケニア🇰🇪やエチオピア🇪🇹などのアフリカ系の豆になりますね。

煎り具合でいうと、シナモンロースト〜ミディアムロースト辺りの浅煎りになるでしょう。

これらの珈琲は、香りは爽やかでフルーティ、味はすっきりとした果実味のある酸味が特徴ですよね。

なので、似たようなものを合わせるとすると、フルーツを使ったスイーツが合います^ ^

フルーツタルトや、アップルパイ、ストロベリーショートケーキ辺りですかね。



4. 苦味寄りの珈琲とのペアリング。

では、苦味が効いていて、コクの深い珈琲とのペアリングを考えてみましょう!

産地でいうと、インドネシア🇮🇩やベトナム🇻🇳などでしょうか。

煎り具合でいうと、深煎りですね。

こういった珈琲は味にパンチがあり、ガツンとした濃厚な飲みごたえがあります。

だとすると、合わせるものも、珈琲に負けないくらいにわりと濃厚でしっかりと味のあるスイーツが良いですね!

例を挙げるなら、濃厚なチーズケーキや、チョコレートを使用したガトーショコラなどになるでしょうね♪



5. まとめ

今回は、フードペアリングを勉強したい!

ということで、とりあえずはフードペアリングの基本的な部分をまとめさせていただきました。

ただ、上記のように合わせてみて全てが上手くいくわけではありません。

だから、面白いんでしょうけどね。笑

なので、実際に飲んで食べてみて、色々実験していきたいと思います!

その結果については、また記事にするかもしれません^ ^

では、今回はこの辺で!

じゃあ、またね👋

コメント

タイトルとURLをコピーしました