コーヒー知識

豆で買うことの『なんで?』

「豆で買った方が良い」

これはコーヒー好きの間でよく言われることですが、『なんで』なのでしょうか?

「まめで買うより粉で買った方が楽やしええやん」

そう思われる方もいるかもしれません。

 

まず、粉で買ってしまうと『なんで』良くないのかという話なのですが。

粉で買うと、美味しく飲める期間が、極端に短くなります。

コーヒー屋さんによっては、「挽いてから3日間」といわれる方もいます。

豆で買った方が美味しく飲める期間を、長くすることができるのです(だいたい1ヶ月といわれます)。

 

では、さらに深掘りしていくと、『なんで』粉に挽いてしまうと、長持ちしないのでしょうか?

これは、スーパーマーケットなどに売っている、カット野菜などと同じような話になります。

野菜を切ってしまうと、駄目になるのが早くなってしまいますよね。

野菜も豆も細かくカットすることで、空気に触れる表面積が増え、酸化速度が上がってしまうのです。

 

食品は、酸化することによって味や風味が落ちてしまうので、空気に触れる面積が小さい方が良いということですね。

なので、コーヒーも、粉で買うのではなく、表面積の小さい豆で買った方がいいのです。

今回は、以上になりますが、皆さんのコメント、付けたし、コーヒーに関する『なんで?』もFacebookグループのコメントでお持ちしております!

自己紹介がまだの方は、そちらもよろしくお願いします~

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP