コーヒー知識

コーヒーの酸味の『なんで?』

この記事を書いた人

今野直倫""
 

今野直倫

 

お店のないコーヒー屋 / コーヒーライター
自家焙煎のコーヒーをWebショップで販売。全国でカフェ・イベントを開催。
雑貨屋にコーヒーを卸したり、コーヒーコラムを執筆したりもしています。
 >今野 直倫のプロフィール

「コーヒーの酸味が嫌い」という人からすると、「コーヒーの酸味が好き」という人のことが理解できなかったりします。

このように両極端な感想が出るのは『なんで』なのでしょうか?

もちろん、好みの問題もあるにはありますが、それ以上に大きな違いがあるのです。


その違いというのは、人の感覚の違いではなく、豆の方の違いになります。
実は上の両者が言っている「酸味」とは別々のことを指している場合が多いのです。
「酸味が嫌い」という人の多くは、コーヒーの抽出時に出る、嫌な酸味のことを指しています。
逆に、「酸味が好き」という人の多くは、コーヒー豆本来の、果実感のある酸味のことを指しているのです。


この両者を見分ける1つの指針となるのが、豆の状態です。
もし、あなたが酸っぱいと感じる豆が以下の状態のものなら、それはコーヒー本来の酸味ではありません。
・焙煎から時間が経っている
・粉の状態で保管している
・豆の焙煎度合が深煎り異常である
これらの場合に感じられる酸味は、豆の劣化によって出てきた、後天的な酸味になります。


ということで、『なんで』コーヒーの酸味の好き嫌いが二極化するかをまとめます。
それは、好きな人の言う酸味と、嫌いな人の言う酸味が根本的に違うものを指しているからです。


今回は、以上になります。
もし、付け足しや質問等ありましたら、どしどしグループのコメントに書いてくださいね☺️

今野直倫の手作りコーヒー

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP