カフェインレス珈琲を10倍美味しく飲む方法!

おうちカフェ

6畳1Kのウチカフェからこんにちは。

カフェインレス中毒のKOnnROです。

コーヒー好きの方で「珈琲が淹れたい!飲みたい!……でも、もう寝なきゃ!……ああ、もう今日5杯目だ!」

という皆さんに【朗報】です。

この記事を書いた人
今野直倫

【出張バリスタ兼WEBライター】
通勤中に泡を吹いて倒れ教師辞める➡︎出張カフェ&WEBライター開始➡︎現在|全国各地で出張カフェ。本州一周出張カフェ旅。おうちや公園にも出張|お支払いは『投げ銭』|JSFCAコーヒーソムリエ・食品衛生責任者・飲食営業許可取得。【11月末までに30万用意してキッチンカーを作る】

今野直倫をフォローする

1. カフェインレス珈琲って美味しいの?

まずここですよね。

珈琲が飲みたいから代わりに飲むのに、それが不味かったら元も子もありません。

私も昔飲んだ時は、「ああ、やっぱカフェインレスだわ……」というある種諦めのようなものがありました。

でも、それは、買い方・淹れ方が悪かったのだということに気付いたのです!

この記事で紹介することに気をつけて頂ければ、「これ本当にカフェインレスか!?」と分からなくなってしまうくらい美味しいカフェインレス珈琲が飲めますよ〜^ ^



2. カフェインレス珈琲の買い方

皆さん珈琲はどこで、どのような状態で買いますか?

はい、思い浮かべて頂けましたかね。

結論からいうと、【自家焙煎珈琲】のお店で買うのが一番です。

そして、【豆】の状態で買うべきです。

珈琲を【スーパーマーケット】で【粉】の状態で買われている方もいらっしゃるかと思います。

それも悪いとはいいません。

手軽ですし、便利で、安いですからね。

しかし、カフェインレス珈琲を美味しく飲もう!と思っている方にはオススメできません。

【珈琲豆】というのは、焙煎した時点から風味と香りが抜け始めています。

【豆】の状態で約一週間ほどもつといわれていますが、スーパーマーケットなどに置かれているものはいつ焙煎されたものか分かりません。

また、【粉】にすることで空気に触れる表面積が増え、劣化も早まります。

特にカフェインレス珈琲の場合、珈琲らしさの代表格である苦味成分の元でもあるカフェインが入っていません。

風味、そして香りもまた嗅覚から得られる珈琲らしさの情報ですから、いつも以上に拘りたいところです。



3. カフェインレス珈琲の淹れ方

では、ここからが本題です。

カフェインレス珈琲を淹れる際には、抽出がゆっくり時間をかけてできるドリップ方、ドリッパーを採用しましょう。

そして、珈琲の苦味成分を最大限補うために、お湯の温度は高めにします。

経験的にはだいたい92〜94度くらいが丁度いいかと思います。

そして、ドリッパーは円錐形よりは扇形がいいでしょう。

円錐形は注ぎ方次第で、抽出時間の調整は可能ですが、扇形の方が簡単にできます。

そして、大事なドリップ法!

これは、ゆっくりじっくりの究極形、【点滴ドリップ】でいきましょう。

点滴ドリップは非常〜〜に濃ゆい珈琲を抽出することができます。

苦味もしっかり出ますので、珈琲らしいあの苦味を抜群に引き出してくれるドリップ法です。

点滴ドリップについては別記事で詳しく説明してますので、参考にしてくださいね♪



4. まとめ

私は先日、吉祥寺にある【珈琲散歩】さんのメキシコと、千葉にある【珈琲問屋】さんのバリ神山を購入しましたが、上記のことに気をつけると、どちらもカフェインレスとは思えない香ばしさと、苦味の効いたボディが味わえました!

皆さんもカフェインレス珈琲を挟みつつ、カフェイン過多にならないように、素敵な珈琲ライフを過ごしてくださいね^ ^

では、別の記事でお会いしましょう。

またね👋

コメント

タイトルとURLをコピーしました