タンザニア・ンゴロンゴロ|基本情報・フレーバー・飲んだ感想

コーヒー豆種類
この記事を書いた人
今野直倫

【放浪のバリスタ / WEBライター】コーヒーとモノ書きで生きる人☕️✍️|心気症を発症、通勤中に意識を失い、好きなことで生きようと決意。|全国26ヶ所でカフェ開催|大手企業などで600記事以上執筆|凡人でも「好きなことで生きられる」を発信します。

今野直倫をフォローする

タンザニア・ンゴロンゴロの基本情報

  • 生産国:タンザニア連合共和国
  • 地域:アリューシャ地区
  • 農園:上記地区の農園
  • 品種:ブルボン、ケント
  • 精製方法:フリイウォッシュド
  • グレード:AA ++(TOP)

キリマンジャロコーヒーで有名なタンザニアで作られる「ンゴロンゴロ」。

ンゴロンゴロの生産エリアは、キリマンジャロ山から100kmほど西にいったアリューシャ地区です。

ンゴロンゴロという名前が可愛らしいですが、マサイ族のカウベルが鳴る音からきているという説があります。

タンザニア・ンゴロンゴロの味わい

  • 苦味:★★★☆☆
  • 酸味:★★★★★
  • 甘味:★★★★★
  • 香り:★★★★★
  • コク:★★★★★

ンゴロンゴロは他のコーヒーの追随を許さないバランスの良さが持ち味です。

アップルのような香りに、レモンのようなキレのある酸味、メープルのような甘味が見事に調和しています。

飲み口もクリーミーで口当たりがよく、紅茶のような余韻も楽しめます。

タンザニア・ンゴロンゴロを飲んだ感想

とにかく上品な香り。

ンゴロンゴロをカップに注ぐと、上品な香りが立ち上ります。

コーヒーを一口すすると、その香りがたちまち口の中に広がり鼻に抜けるのが心地よいですね。

ンゴロンゴロを淹れれば、優雅なコーヒータイムのスタートです。

チョコレートのような、やわらかな甘味。

ンゴロンゴロの味わいにはカドがなく、やわらかでマイルド。

チョコレートのようなフレーバーで、やわらかな甘味が堪能できます。

棘のない味わいなので、まずはミルクや砂糖なしで味わってほしいです。

タンザニア・ンゴロンゴロはいかがでしたでしょうか?

僕もコーヒーを純粋に楽しんでいる一人のコーヒー好きです。

「僕が素晴らしいと思ったコーヒーを、皆にも楽しんでほしい!」そんな想いで、コーヒー豆を焙煎しています。

僕にできることは、手間をかけて生産されたコーヒーの味わいを損なうことなく焙煎し、皆さんと一緒にそのコーヒーを楽しむことです。

もし、あなたとコーヒーの感想を語り合えたら、そんなに嬉しいことはありません。

SNSを通じて、いつでもあなたのコーヒーの感想をお待ちしております。

また、他のコーヒーについても感想を書いているので、もし良かったらそちらもご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました