ジャマイカ・ブルーマウンテン No.1・クライスデール|基本情報・フレーバー・飲んだ感想

コーヒー豆種類
この記事を書いた人
今野直倫

【放浪のバリスタ / WEBライター】コーヒーとモノ書きで生きる人☕️✍️|心気症を発症、通勤中に意識を失い、好きなことで生きようと決意。|全国26ヶ所でカフェ開催|大手企業などで600記事以上執筆|凡人でも「好きなことで生きられる」を発信します。

今野直倫をフォローする

ジャマイカ・ブルーマウンテン No.1・クライスデールの基本情報

  • 生産国:ジャマイカ
  • 地域:ブルーマウンテンエリア
  • 農園:クライスデール農園
  • 品種:ティピカ
  • 精製方法:ウォッシュト
  • グレード:No.1

コーヒー好きでなくても、誰もが知っている「ブルーマウンテン」。

ブルーマウンテンはカリブ海に浮かぶ国、ジャマイカのブルーマウンテン山脈で生産されるコーヒーです。

クラスデール農園はブルーマウンテンエリアの中心部で、「ザ・ハート・オブ・ザ・ブルーマウンテン」とも呼ばれています。

ジャマイカ・ブルーマウンテン No.1・クライスデールの味わい

  • 苦味:★☆☆☆☆
  • 酸味:★★★★☆
  • 甘味:★★★★☆
  • 香り:★★★★★
  • コク:★★★☆☆

ブルーマウンテンNo.1・クライスデールは、コーヒーに非常に適した環境で作られています。

ブルーマウンテンミストと呼ばれる霧がもたらす寒暖差、十分な雨量、水はけの良い斜面、火山灰土壌。

自然豊かな環境で育てられたブルーマウンテンNo.1・クライスデールの、芳醇なアロマと甘みを他のコーヒーの追随を許しません。

ジャマイカ・ブルーマウンテン No.1・クライスデールを飲んだ感想

雑味がなく、クリーンな味わい。

コーヒーを飲むと、たまに雑味で「ウッ」となったりすることがありますよね。

ブルーマウンテン No.1・クライスデールは一切の雑味がなく、すっきりと飲めます。

嫌な感じのしない透明感のある味わいが心地よいです。

気品あふれる上品な香り。

コーヒーを淹れる段階から、既に上品な香りが漂います。

部屋中にブルーマウンテンの上品な香りが立ち込め、リラックスした気分でコーヒーを淹れられますね。

一口含むと香りがふわっと口の中に広がり、幸せな気持ちにさせてくれます。

ジャマイカ・ブルーマウンテン No.1・クライスデールはいかがでしたでしょうか?

僕もコーヒーを純粋に楽しんでいる一人のコーヒー好きです。

「僕が素晴らしいと思ったコーヒーを、皆にも楽しんでほしい!」そんな想いで、コーヒー豆を焙煎しています。

僕にできることは、手間をかけて生産されたコーヒーの味わいを損なうことなく焙煎し、皆さんと一緒にそのコーヒーを楽しむことです。

もし、あなたとコーヒーの感想を語り合えたら、そんなに嬉しいことはありません。

SNSを通じて、いつでもあなたのコーヒーの感想をお待ちしております。

また、他のコーヒーについても感想を書いているので、もし良かったらそちらもご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました