ケニア・レッドマウンテン|基本情報・フレーバー・飲んだ感想

コーヒー豆種類
この記事を書いた人
今野直倫

【放浪のバリスタ / WEBライター】コーヒーとモノ書きで生きる人☕️✍️|心気症を発症、通勤中に意識を失い、好きなことで生きようと決意。|全国26ヶ所でカフェ開催|大手企業などで600記事以上執筆|凡人でも「好きなことで生きられる」を発信します。

今野直倫をフォローする

ケニア・レッドマウンテンの基本情報

  • 生産国:ケニア共和国
  • 地域:ニエリ地区
  • 農園:ニエリヒル農園
  • 品種:SL28、ルイル11
  • 精製方法:フリイウォッシュド
  • グレード:AA TOP

ケニアはナイロビを首都に据えるアフリカの国。

ナイロビから約300㎞の距離にあるケニア山、その南に広がる高原地帯ニエリ地区でレッドマウンテンは育てられています。

この土地に広がる赤土の土壌に由来する「レッドマウンテン」は、肥沃な大地の恵みをいっぱいに受けた質の高いコーヒー豆です。

ケニア・レッドマウンテンの味わい

  • 苦味:★★★☆☆
  • 酸味:★★★★★
  • 甘味:★★★★☆
  • 香り:★★★★★
  • コク:★★★★★

ケニア・レッドマウンテンは、アフリカのコーヒーらしい柑橘系の酸味が特徴です。

ケニア産のコーヒー豆は全体的な特徴として酸味が強い一方で、スパイシーな香味とコクが深いということが挙げられます。

レッドマウンテンもその特徴を強く備えていて、キレとボディの効いたパンチのある味わいが感じられます。

ケニア・レッドマウンテンを飲んだ感想

コク深い、複雑な味わい。

口に入れた瞬間、複雑な味わいがガツンと舌に来ます。

ほっこり落ち着くコーヒーらしいしっかり味です。

また、口の中にふわっと香る香味もスパイシーで、コーヒーらしさが倍増します。

コーヒー好きの人には、たまらないコク深くスパイシーな味わいです。

ミルクと合わせて、ほろ苦ビターなカフェオレに。

レッドマウンテンのコクの深さは、ミルクともよく合うと感じました。

ミルクにも負けることのない、力強いコクがしっかり効いています。

ブラックではきつく感じるかもしれませんが、ミルクとの相性が抜群なので試してみてほしいです。

ケニア・レッドマウンテンはいかがでしたでしょうか?

僕もコーヒーを純粋に楽しんでいる一人のコーヒー好きです。

「僕が素晴らしいと思ったコーヒーを、皆にも楽しんでほしい!」そんな想いで、コーヒー豆を焙煎しています。

僕にできることは、手間をかけて生産されたコーヒーの味わいを損なうことなく焙煎し、皆さんと一緒にそのコーヒーを楽しむことです。

もし、あなたとコーヒーの感想を語り合えたら、そんなに嬉しいことはありません。

SNSを通じて、いつでもあなたのコーヒーの感想をお待ちしております。

また、他のコーヒーについても感想を書いているので、もし良かったらそちらもご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました