【若者必見!】LINE Pay は将来性あり!?今 LINE Pay を始めた方が良い理由

ミニマリズム

LINE Pay を使ってみようかと考えている人

「LINE Pay って最近よく聞くけど、どうなんだろう?実際、面倒くさそうだし、すぐにすたれるんじゃないだろうか……。LINE Pay に将来性があるのかどうか教えてほしい!」

こういった疑問に答えます。

☑︎本記事の内容


1.LINE Pay は将来性あり!?
2.LINE Pay のメリット・デメリット
3.LINE Pay は今すぐ使うべき!【時代に乗り遅れるな】


筆者は LINE Pay ユーザーです。ただ、3カ月ほど前までは面倒くさそうだなあと LINE Pay を敬遠していた側の人間でもあります。 そんな筆者が、「【若者必見!】LINE Pay は将来性あり!?今 LINE Pay を始めた方が良い理由」というテーマでお話ししていきます。

この記事を書いた人
今野直倫

【放浪のバリスタ兼WEBライター】2020年「本」を出すのが目標|▼心気症→意識失う→2019年教師辞める→現在| ▼全国各地で1日カフェ。JSFCAコーヒーソムリエ・食品衛生責任者・営業許可取得☕️|▼コーヒー・SEO・GA解析・英語が専門。1.5〜2円/1文字✍️|▼ミニマリスト|1/26浦安「はんぶん堂」最高に楽しいカフェに!

今野直倫をフォローする

1. LINE Pay は将来性あり!?

LINE Pay は将来性があるのかどうか
結論からいうと、将来性は非常にあります。

1.1 今流行りの LINE Pay

テレビを点ければ LINE Pay の CM、ネットを開けば LINE Pay の広告と、今や LINE Pay という言葉を聞かない日はないくらいですよね。
テレビ CM での LINE Pay のうたい文句は、「LINE Pay で簡単割り勘」というものです。

これに対して良くある疑問や意見にこのようなものがあります。

「実際、現金で割り勘した方が、簡単で早いんじゃないの?」
「なんだかよく分からないけど、面倒くさそう」

確かに、この気持ちもよく分かります。
なぜなら、私もつい3か月ほど前までは、そう思っていたからです。

現金なら、目に見えてどれくらいのお金があるか把握できますし、その方が分かりやすいのではないかと思っていました。
そんなときに、友人が「今、LINE Pay を始めると 1,000 円もらえるよ」と声をかけてきたのでした。

1.2 時は電子決済戦国時代

2019 年の現在、時は今、電子決済戦国時代です。
電子決済の黎明期といってもよく、各社が電子決済を導入し、しのぎを削っています。

ここで紹介している LINE Pay を始めとして、Pay Pay や楽天ペイ、メルカリのサービスであるメルペイ、さらに交通系 IC カードなんかも、日ごろのお買い物で使えるようになってきました。
もはや、この流れは止められず、電子決済を導入していない人は住みにくい世の中になってきています。

例えば、全国の駅では、切符用の自動改札機がどんどん減っています。
切符を持って自動改札機を通ろうとすると、切符用の自動改札機を探さなければならないほどです。

この流れの中で、LINE Pay はかなりのシェアを占めていて、今後も LINE Pay を導入する店舗は増えていくでしょう。
日本人の若者世代のほとんどが LINE アプリを利用していることから、今後もシェアはどんどん拡大していくと予想ができます。



2. LINE Pay のメリット・デメリット

では、具体的に、LINE Pay のメリット・デメリットはどんなものがあるのでしょうか?
それぞれいくつか挙げていきます。

2.1 LINE Pay のデメリット

LINE Pay のデメリットは以下の通りです。
・面倒くさそう
・LINE ユーザーでないと利用できない
・使える店舗が少ない

まず、面倒くさそうということが挙げられるかと思います。
確かに実際やってみると、面倒くさいことはありました。

登録する際に、本人認証、それから銀行口座の登録があります。
この辺りの事務的な手続きに関しては、どうしても避けられない部分なので、仕方がないとも言えます。

また、当たり前ですが LINE Pay を使うには、LINE ユーザーでなければいけません。
ただ、将来的には LINE が必須のインフラになってくると予想できるので、今 LINE を使っていない方も、この際に LINE を一緒に始めてしまうのが賢明でしょう。

最後に、今現在は、LINE Pay を使える店舗は限られているといっていいです。
ただ、これに関しては時間の問題かと思われます。

店舗としても、LINE ユーザーの中心となる若者世代を獲得することにはメリットがありますし、現金でやり取りするよりも電子決済を導入した方が支払いもスムーズです。
これから、LINE Pay の導入店はますます拡大していくでしょう。

2.2 LINE Pay のメリット

次に、LINE Pay のメリットをご紹介します。
・支払いがスムーズ
・LINE Pay ユーザー同士なら LINE 上でお金を送金し合える
・有名どころは、既に LINE Pay を導入している

まず、支払いがスムーズということが挙げられます。
LINE Pay での支払いは基本的に、バーコードまたはQRコードを読み取ってもらうだけです。

財布を取り出して、そこからお金を数えて、店員さんに渡すという手間が一気に省けます。
将来的には、財布を持ち歩かずに、スマートホンだけで買い物に行けますね。

また、LINE Pay ユーザー同士なら LINE 上でお金を送金し合えます。
遠くに住んでいる友達にも、LINE Pay なら金券代わりにプレゼントをすることができます。

また、手数料なども引かれることはないので、感覚的には実際に手渡しするのと全く変わりません。
最後に、デメリットと矛盾するようですが、LINE Pay を導入している有名店舗は既に多数あります。

具体的には、ファミリーマートやローソン、ウエルシアグループ、ビックカメラなどが挙げられます。
これから、LINE Pay の導入店が拡大していくのは間違いなので、もっと便利になっていくでしょう。



3. LINE Pay は今すぐ使うべき!【時代に乗り遅れるな】

LINE Pay は今すぐ使うべきだというお話をします。
時代の流れは電子決済に向かっているので、逆らうことのメリットは薄いですよ。

3.1 将来的にLINE Pay のシェアは拡大する

LINE Pay のシェアは、ここまでお話ししたように、拡大傾向にあります。
2019年現在、LINE Pay のシェアはYahoo!スマホ決済、d払いを抑えて、業界第3位にランクインしています。

3位といってしまえばそうなのですが、これはあくまで業界内での3位です。
どういうことかというと、電子決済自体のシェアがどんどん広まっていくので、それにつれてLINE Pay ユーザーも増えていくということです。

また、これからの若者世代で、LINE を使わない人口というのは限りなく0に近いので、業界内でのシェア率も上昇すると考えられます。

よって、LINE Pay の導入店舗も増加すると考えられ、LINE Pay を利用する価値というのは高まっていきます。

3.2 LINE Pay で日々の買い物がお得に!

LINE Pay を使うと、日々の買い物がお得になります。
LINE Pay では、毎日何かしらのクーポンが発行されています。

例えば、マクドナルドのバーガーが100円引きになったり、店舗によって商品が無料になるクーポンを発行していたりする場合もあります。

また、この記事を書いている現在(2019年6月)だと、「祝!令和300億円祭」と題して、1,000 円がもらえるキャンペーンも行っています。
LINE Pay を利用するだけで 1,000 円がもらえるのであれば、デメリットはないですよね。

ただし、このクーポンやキャンペーンがいつまで続くのかというのは考えどころです。
なぜなら、現在電子決済のユーザーというのは全国的に見て少なく、電子決済サービス各社がお客さんを取り合っている状態だからです。

つまり、今キャンペーンを盛んに行っているのは新規顧客を獲得するためであって、それなりのシェアを獲得してしまえば行う必要がなくなります。
LINE Pay のお得なサービスを受けるなら、チャンスは今しかない!ということですね。



まとめ:LINE Pay を利用して生活をお得に便利に!

記事のポイントをまとめます。


1.LINE Pay は将来性あり!?
2.LINE Pay のメリット・デメリット
3.LINE Pay は今すぐ使うべき!【時代に乗り遅れるな】


こんな感じです。
LINE Pay は非常に便利なサービスで、今ならお得なキャンペーンを享受することができます。

さらに、電子決済サービス各社の中でも突出して将来性があるので、今だけでなく今後も活用できるサービスです。
LINE ユーザーであれば、LINE Pay を導入して損はありませんよ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました