【今仕事で苦しんでいるあなたへ】会社を辞めて2カ月で自立した僕が伝えたいこと。

マインドセット

会社勤めの方

「今の仕事が辛くて辞めたい。仕事内容もそんなに面白くないし、朝は早いし、残業はあるし、上司は嫌いやし。この状況、どうしたらいいの?」

こういった方に届いてほしいメッセージです。

☑︎本記事の内容


1.【今仕事で苦しんでいるあなたへ】会社を辞めて2カ月で自立した僕が伝えたいこと。

2.「やりたくないことはやらない」「やってもいいと思えることをやる」

3.【現在の僕の働き方】休日はないけど、出勤日もない。


誰かの下で働くのが嫌過ぎて組織で働くのを辞めた男こんろです。ただ、現在僕は会社に行かずに働いて生きていくことができてます。ということで、今回は今仕事で苦しんでいるあなたに向けて、会社を辞めて2カ月で自立した僕が伝えたいことをお話ししていきますね。

この記事を書いた人
今野直倫

【放浪のバリスタ兼WEBライター】2020年「本」を出すのが目標|▼心気症→意識失う→2019年教師辞める→現在| ▼全国各地で1日カフェ。JSFCAコーヒーソムリエ・食品衛生責任者・営業許可取得☕️|▼コーヒー・SEO・GA解析・英語が専門。1.5〜2円/1文字✍️|▼ミニマリスト|1/26浦安「はんぶん堂」最高に楽しいカフェに!

今野直倫をフォローする

1. 会社を辞めて2カ月で自立した僕が伝えたいこと。

僕がこの記事で、今の仕事で苦しんでいるあなたに伝えたいのは、「会社は辞めたっていいんだよ」ということです。

1.1 「会社は辞めたっていいんだよ」

この記事で、僕があなたに伝えたいのは「会社を辞めても大丈夫」ということ。

でも、私も1年前までは普通の学校教育を受けて、そして普通に組織に勤めていたので、あなたの気持ちが痛いほどよく分かります。

「辞めたくても辞められない」

あなたもこういう風に悩んでいるかもしれませんし、日本人の多くが同じように悩みを抱え、悶々としながら毎日行きたくもない会社に通っています。

そして、頭では「今すぐ辞めた方が良い」ことも分かっている。

この会社を辞められたら、どんなに気楽で、有意義な毎日が送れるだろうかと妄想しては、目の前の現実に押しつぶされて消えていきます。

ただ、「会社は辞めても大丈夫」。

あなたがこの記事を読み終わって、ページを閉じ、現実に向き合ったら、「やっぱり辞めることなんて到底できない」と元通りになってしまうかもしれません。

それでも、僕は、あなたにもっと有意義で、豊かな人生を送ってほしい。

だから、この記事で、僕が経験してきたこと、思ってきたこと、そして現在の自分のことを出来る限り伝えていきます。

1.2 満員電車に揺られ会社に勤めていました。

僕は、今年の3月(2019年6月現在)まで、朝は6時前には起きて、満員電車に乗って会社に勤めていました。

詳細を話すと会社ではなく「学校」で(つまり学校の先生で)、事情が色々とあるのですが、それは別の記事に譲ります。

最寄り駅のホームで電車待ちの列に並び、そこに電車が到着するとその電車は既に満員で、とてもとても並んでいる全員が入りそうにはありません。

それでも、並んでいるスーツに身を包んだ勤め人達は、我先にと電車に飛び乗っていき、最後尾の人たちは前の人を、まるで押し寿司のようにぎゅうぎゅうに押し込めていきます。

僕もまた、その中の人間の一人で、周りの人に舌打ちを食らいながら、暑苦しい車内でじっとしているしかありませんでした。

そんな思いをしてたどり着いた先の仕事も特に楽しくなく(突き詰めれば選んだ僕が悪いのですが)、「僕は何をしているんだろうなぁ」と悶々と日々を過ごしていました。

そんなことを想っていたある日のこと、今までと同じように満員電車に揺られていて、ふと気が付くと、そこは病院のベッドの上でした。

【実は4月、5月赤字でした】フリーランスなりたてで生活できる?

↪︎フリーランスになった最初の2ヶ月、僕は赤字でした。

 



2. 「やりたくないことはやらない」「やってもいいと思えることをやる」

ある日突然、満員電車の中で意識を失い、病院に運ばれた僕は人生を見つめ直しました。

本当にこれ(満員電車に揺られ楽しくもない仕事をすること)は僕がやるべきことなんだろうか?本当は何がしたいんだろうか?と。

2.1 「やりたくないことはやらない」は逃げではない。

「やりたくないことはやらない」

電車で気を失って倒れた僕は、これを貫こうと決めました。

理由は、「やりたくないことをやっているほど人生は長くない」と悟ったからです。

今回は、病院に運ばれるだけで命に別状もなく、次の日からはまた普通の生活を送れるようになったので、正直問題はありませんでした。

でも、今度もし倒れたとき、同じように元の生活に戻れる保証ってあるんでしょうか?

そして、もし仮にこれ以降こういったことは全く起こらず、人生100歳まで生きることができたとして、果たして今の生活を続けている意味ってあるんでしょうか?

どちらに対しても答えは、「NO」です。

もし明日死ぬならやりたくないことは絶対しないはずだし、明後日でも絶対にしない。

それが3日後、1週間後、1か月後、1年後、100年後になったところで、これは程度の問題だと思うようになったのです。

「やりたくないことはやらない」

こんなことをいうと、「甘えだ」とか、「そんなんじゃ生きていけない」とか、ともすれば「逃げ」だといわれることもあると思います。

本当に「やりたくないことをやらない」は「逃げ」なんでしょうか?

僕はそうは思いません。

むしろ、自分の人生にしっかり向き合って、自分の人生を後悔しないように、もっと豊かに生きられるように真正面から向き合った人だけが、たどり着く境地だと思います。

2.2 好きなことがないなら「やってもいいと思えることをやる」

「好きなことを仕事にしよう。」

昨今、声を大にして、しきりに叫ばれていることだと思います。

これは素晴らしいことやし、実際、私も「コーヒー」「ミニマリズム」「文章を書く」という好きなことをやらせてもらっています。

でも、人間だれしもが、アーティストや、スポーツ選手、芸術家、そしてユーチューバーさんたちのように、「自分といえばこれ」というものを持っているわけではありません。

むしろ「自分といえばこれ」というものを持っているのは少数派で、趣味レベルだったり、ちょっと嗜む程度だったりする人の方が多いのです。

なので「好きなことを仕事にしよう。」と言われても、遠くの世界の事のように感じてしまうし、自分のこととして実感できなかったりします。

私は別に「好きなこと」を無理に仕事にしなくても良いと思っています。

実際、私もコーヒーは元々好きでしたが、じゃあそれと同程度に「ミニマリズム」や「文章を書くこと」が好きだったかといえば全くそうではありません。

でも、少なくとも「やってもいいかな?」と思えるレベルではあって、そう思ってやっているうちにだんだん好きになってきたのです。

「嫌いなこと」を好きになるのは相当衝撃的なきっかけがないと不可能ですが、「やっても良いと思えること」を好きになるのは、時間の問題です。

だから、好きなことをやらなくてもいい、少なくとも「やってもいいと思えること」をやってください。

【完全保存版】WEBライターとして初月から3万円稼ぐ方法。

↪︎僕がやっても良いと思えることが、時間と場所に縛られずにできるWEBライターでした。

 



3. 【現在の僕の働き方】休日はないけど、出勤日もない。

「やりたくないことはやらない」「やってもいいと思えることをやる」

それを信条としている現在の僕は、会社に行かなくてもお金が得られる方法で働いています。

3.1 週休0日で働いているけど全然大丈夫な話。

少し具体的な話をすると、会社に勤めず働くというのは、少し大変ではあります。

大変というか、これはあなたが何を大変と思うかによるのですが、一般的な「会社に勤めて働いた分のお金が入ってくる」という考え方が染みついていると大変に感じることがあります。

なぜかというと、会社にはお金を稼ぎだすシステムが既に存在していて、そのおこぼれとして会社員はお金をもらっている状態だからです。

それと比較して、自分でお金を稼ぐ、つまりフリーランスという働き方では、お金を稼ぐシステムを自分で構築しなければならないからです。

少しテクニカルな話になってしまいましたが、何をすればお金が得られるのか、自分はどんな価値を人に提供できるのか、ということを考える必要があるということです。

だから、会社で働く労働量的な大変さではなく、アイデアを生み実行する、つまり思考し実行する大変さなのです。

現在の僕はそれを1週間7日ずっとやっているのですが、全然平気ですし、むしろアイデアを生んだり、すぐに実行したりするのはめちゃくちゃ楽しいです。

なぜなら「やってもいいと思えること」でしか考えないから。

「やりたくないこと」に関して1分たりとも思考することはないですし、「やりたいこと」で頭が満たされている時間は幸せです。

この話を聞いて「自分には無理だ」と思ったあなたは、別にこの通りにやる必要は全くありません。

だって「やりたくないことはやらない」「やってもいいことをやる」これが本質なのですから。

3.2 出勤する必要がないからどこでも働ける

会社に縛られていたころは、会社に行かなければ働けず、つまり満員電車に揺られなければならず、そして朝早く起きなければならない、睡眠時間が少なくなるという状況でした。

ただ、現在の生活は全く違います。

家が職場であり、カフェが職場であり、電車の中やバスの中までもが職場です。

極端なことを言えば、旅行先や、実家までが職場になり、遊びながら合間合間に働くことができるという状況になっています。

普通に会社勤めをしていたら、旅行中はもちろん働けないわけで、その間は収入がストップするということになります(※有給休暇は除く)。

そして、旅行が終わり、家に帰ってくると「ああ……明日からまた仕事だ……」と憂鬱になるので、旅行に行っている間は働いていないとはいえ、どこか心は晴れやかではありません。

それに比べると、私の今の働き方は休みが無いといえば休みは無いのですが、考え方によってはずっと休みなのだともいえるわけです。

だって、「やりたくないことはやらない」のですから。

「やってもいいと思えること」だけを毎日ひたすら、もちろん外出先でも、旅行先でも関係なくやっていく。

私はもちろん、後者の方が幸せな人生なんやないかなと思うのですが、あなたはどう思いますか?

【実は4月、5月赤字でした】フリーランスなりたてで生活できる?

↪︎僕は最初の2ヶ月赤字でしたが、逆に言えば2ヶ月耐えればなんとかなります。

 



まとめ:今の仕事は本当にあなたのやりたいことですか?

記事のポイントをまとめます。


1.【今仕事で苦しんでいるあなたへ】会社を辞めて2カ月で自立した僕が伝えたいこと。

2.「やりたくないことはやらない」「やってもいいと思えることをやる」

3.【現在の僕の働き方】休日はないけど、出勤日もない。


こういったお話をしてきました。

今あなたは、

「今の仕事を辞めたらきっと楽になれる」

「でも、辞めた後うまくいくかどうか不安」

と思っているかもしれません。

でも、あなたが今苦しんでいるなら、僕の経験がもしかしたら助けになることもあるかもしれません。

僕は事実、現在、以前よりも幸せに生活しています。

ご質問や疑問等があれば、できるだけお答えしたいと思っていますので、TwitterやYouTubeの方でお気軽にコメントしてください。

では、あなたの未来が少しでも良くなることを願っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました