挑戦するのが怖いのはなぜ?一歩踏み出すのに必要なのは「道」と「エンジン」

マインドセット

「挑戦するのが怖い」

と、したいことや叶えたい夢があっても、将来のことが不安で踏み出せない人は多いですよね。

その不安を拭い去り挑戦するには「道」と「エンジン」が必要だと気付きました。

この記事を書いた人
今野直倫

【放浪のバリスタ兼WEBライター】2020年「本」を出すのが目標|▼心気症→意識失う→2019年教師辞める→現在| ▼全国各地で1日カフェ。JSFCAコーヒーソムリエ・食品衛生責任者・営業許可取得☕️|▼コーヒー・SEO・GA解析・英語が専門。1.5〜2円/1文字✍️|▼ミニマリスト|1/26浦安「はんぶん堂」最高に楽しいカフェに!

今野直倫をフォローする

挑戦するのが怖かった理由とは?【実体験】

一年前までは、僕もまた挑戦などほとんどしてこなかった人間でした。

地元の中学→地元の高校→地方の大学→大学院

まさにレールというレールに乗っかって生きてきた人間でした。

なぜ挑戦できなかったのか考えてみた

「なぜ挑戦できなかったのか」を考えてみました。

先ほど言ったように、僕はレールの上をただただ進んできた人間です。

でも、たぶん僕だけではなく、ほとんどの人がレールから逸れることなく生きてきたのではないでしょうか?

だから、ほとんどの人は「人生には一本道しかない」と思っているのではないか、と。

高校で一生懸命勉強する→良い大学に入る→良い企業に就職する。

僕はここから外れることが怖かったですよ。

外れたら生きていけないとすら思っていました。

だから夢があっても、道の外に出ることができなかったんだと思います。

あなたはどうでしょうか?

なぜ道を逸れることが「怖い」のか

じゃあなんで王道ルート(勉強→良い大学→優良企業)から外れるのが怖いのでしょう。

それは、あまりにも前例が少ない(ように見える)からかな、と。

王道のルートは沢山の人が通ってきた道です。

人が通ったところには足跡が残り、やがて獣道のように道ができます。

だから、どこに道が続いているのかも分かるし、安心して進むことができるのです。

一方、その道を外れると、雑草生い茂る森の中へと迷い込んでしまいます。

道の先が見えないから怖いのです。



挑戦を始めるには『変な人』にたくさん会う

『変な人』というと気を悪くする人もいるかもしれません。

が、あえてここは分かりやすく『変な人』と表現しておきます。

身近な『変な人』に会うことで、「道」が見えてきます。

『変な人』に会うと、そこに「道」ができる

挑戦するのが怖いのは、前例が少ない(道が見えない)からだと言いました

だから一歩踏み出すには「前例を沢山見る」=『変な人に沢山会う』ことが解決策になるのです。

ここで言う『変な人』とは、王道ルートを外れた人のことです。

そういった人たちに会うと、徐々に道は一本ではないことが見えてきます。

雑草が生い茂っていると思っていても、実はそこには足跡があったりするのです。

もしかしたら、ちぎられたパンが置いてあるかもしれません。

とにかく、道が他にもあると分かると、踏み出せるようになります。

進んだ先に何が待っているのか、ある程度見えてくるからですね。

僕が会ってきた『変な人』【具体例】

変な人に会うだけ足跡が見え、そこに道があることに気付きます。

僕が会ってきた『変な人』たちです⇩

  • 親父(大学教授)=好きなことを仕事に
  • 友人(銀行→スタバ)=会社は辞められる
  • 友人②(ライター副業)=リモートで仕事ができる
  • ろうきゅうさん(書道家)=芸術で食っていける
  • ゆみいさん(ミニマリスト)=50代からでも挑戦できる

etc…

これはほんの一例で、ここに書ききれないほどたくさんの人に会ってきました。

ポイントは直に会うということです。

テレビやYouTubeの向こうの人気者をただ見ていても実感できません。

住む世界が違うので「すごいなぁ」で終わってしまいます。

足で稼ぎましょう。



「挑戦するのが怖い」を乗り越えるのに必要なもう1つのモノ

『挑戦すれば良い人生が待っている』。

と分かっていても「挑戦できない」のは、当然のことです。

なぜなら、道が見えていても、エンジンをかけなければ車は走りださないからです。

道を進むにはエンジンが必要

ただ、『変な人に会う』だけでは一歩踏み出すのは実際難しいです。

なぜなら、一歩目を踏み出すにはエネルギーが必要だから。

道が見えてもエンジンをかけなければ、車は走りません。

僕にとってのエンジンは『心気症』と『意識を失ったことでした。

心気症にかかって、「死」について深く考えました。

意識を失って、死ぬときは突然やってくることを実感しました。

人生はいつか終わる。長くても100年「しか」ないのです。

だったら今、夢を追いかけなきゃ。挑戦しなきゃ。

これが僕にとってのエンジン、原動力です。

『意識を失う』ことは出来ないから……

『心気症』になろうと思ってもなれない(なりたくもない)。

『意識を失う』とか絶対にしたくない。

それは僕もそうです。なりたくてなったわけではありません。

だから、ほとんどの人は別の方法を考えなければいけません。

1つの方法としては、『疑似体験』を繰り返して刷り込みをするということ。

勉強→良い大学→良い会社、これも学校教育という刷り込みで出来たルートです。

だったら、強烈な『疑似体験』で上書きすればいいのです。

本を読む、話を聞くなど、とにかく情報に沢山触れて、『挑戦すること=良いこと』を頭に刷り込む。

人間は同じことを何度も聞くと、それを当たり前のこととして認識し始めます。



「挑戦する」のが怖いなら具体的に行動する

「一歩踏み出す」を具体的な行動に落としこむと、

☑︎挑戦している人に会いに行く
☑︎エンジンのかかる経験をする

前者はやろうと思えば誰でもできるでしょう。

問題は、『エンジンのかかる経験』です。

僕が書いているこの記事も、その経験の1つかもしれません。

僕は通勤中に意識を失って倒れました。

あなたもいつ倒れるかわかりません。

「挑戦したいこと」先延ばしにしますか?

コメント

タイトルとURLをコピーしました