「いじられない」ためにはどうしたら良い?僕は小中高いじられキャラでした。

マインドセット

「いじられるだけまし」と言われても、本音としてはいじられたくないもの。

ただ対等に話したいだけなのに……。

と泣き寝入りしていた僕が、いじられなくなったのはなぜなのか、経験からお話ししていきます。

この記事を書いた人
今野直倫

【放浪のバリスタ兼WEBライター】2020年「本」を出すのが目標|▼心気症→意識失う→2019年教師辞める→現在| ▼全国各地で1日カフェ。JSFCAコーヒーソムリエ・食品衛生責任者・営業許可取得☕️|▼コーヒー・SEO・GA解析・英語が専門。1.5〜2円/1文字✍️|▼ミニマリスト|1/26浦安「はんぶん堂」最高に楽しいカフェに!

今野直倫をフォローする

いじられないためにどうしたら良いか悩んだ小中高

僕は「いじられキャラ」でした。

こんなことはできれば言いたくないのですが、救われる人が一人でもいると思って話します。

「いじられキャラ」は愛されている?いじられキャラじゃなくても愛されるよ

「いじられキャラは愛されている」とはよく言うけど、できればいじられたくないものです。

でも、僕が思っていたのは、「別にいじられキャラじゃなくても愛されるじゃん」ということ。

とはいえ、脱する力はありません。

(対等に話をしたいだけなのに……泣)と思ってしまい、悲しいやら悔しいやら。涙が出ました。

小中高のころ、僕は「いじられキャラ」で、バカにされていました。

「笑わしていた」というよりも「笑われていた」に近い感じ。

ツッコミを面白がられていましたんですよね。

そんな反応の周りに対して、基本苦笑いを浮かべてやり過ごすしかありませんでした。

いじられキャラだった過去

昔の僕はゲームは下手くそ(今も下手)やし、野球も上手くない(今はやってない)し、

中途半端に頭は良いわ(その頃よりは頭良くなったかな?)でいじられる要素は満載。

学年1位とか突き抜けてれば別なんですけどね……。

自分でいうのもなんですが、僕は根っこが真面目なので、いじられると正確にツッコミを入れてしまっていました。

それが周りからしたら楽しかったようです。

つまり、周りから期待されている役を見事に演じて、楽しまれている動物園の動物みたいな感じです。

顔では笑っていても、心は笑っていませんでしたよ。



いじられないためには?いじられてしまう原因

いじられる原因は、『No』といえないこと。

これは、小中高の当時には分からず、大学生になりいじられなくなってから分かったことです。

とはいえ、根本的に解決しなければ『No』と言えるようにはなりませんよね

いじられる原因は『No』と言えないこと

「いじられる」原因ははっきりしていました。

『No』と言えないこと。

ではなぜNoと言えなかったかといえば、嫌われるのが怖かったからです。

嫌われるのが怖かったのはなぜかというと、自分に自信がなかったから。

ゲームは下手、野球も上手くない、勉強は中途半端。

そんな僕は「自信がない」→「新しい友達はでなきない」という心理状態でした。

だから、今現在いじられていても、その人たちに嫌われてしまったら一人になってしまう、と。

学生時代、一人で過ごすのってめちゃくちゃ怖いことですからね。

いじられなくなった大学時代

いじられなくなったのは大学に入ってからでした。

なぜなら、高校→大学の間に自信がついたからです。

高校から大学に移る間のイベントといえば、大学受験ですよね。

僕は、高校きゅじだったので高3の夏まで野球に打ち込み、勉強はほとんどしていませんでした。

3年の2学期末テストでは赤点を取りました。

それでも、そこから猛勉強をしなんとか国立大に入りました。

国公立大学っていってもそんな大したところではないのですが、僕の高校は偏差値48くらい。

国公立に行けるのは、全体で10人くらいです。

国公立に受かったときは、学年主任に呼び出されて、握手して抱き付かれたくらいの騒ぎでした。

とにかく、この経験がデカかった。

「俺もやればできるんだ」と実感できたのです。

成功体験→自信→『No』といえる人間。

自信が付くと「新しい友達なんてすぐにできる」というマインドになるので、『No』といえるのです。



「いじられない」ためにどうしたら良いか【事例】

いじられないためには『No』と言えるようになること。

『No』と言えるようになるには「自信」をつけること。

「自信」をつけるためには、根本的には【夢中になれること】を見つけることです。

【実例①】現在の僕

いじられないために出来ることは、『夢中になれること』を見つけることです。

現在、僕はプロフィールにもあるようにコーヒーにのめり込んでいます。

放浪のバリスタとして全国コーヒーを淹れて回ったり、コーヒー記事のライターとして活動しています。

そんなことをしていると、高校・中学時代の友達にいじられても、平気で嫌な顔ができるんですよね。

なぜなら、「別に嫌われても人生他に楽しいことあるし」と思えるから。

その結果「こいつをいじっても面白くない」と思われて、対等に話せるようになりました。

いじられるのはほぼ自分が原因です。周りのせいにしていては解決しません。

あなた自身が変わりましょう。

【事例②】塾講師時代の教え子

僕の例だけではイマイチ信用してもらえない気がするので、もう1ついじられなくなった事例を。

僕が塾講師をしていた教え子(中学生)は、軽い知的障害があるのと運動ができないのでいじられていました。

でも、塾で猛勉強をして、その子の学校のクラスでトップ3くらいの学力になりました。

そしたら、いじられなくなったんです。

どころか、一目置かれる存在になりました。

何か1つ秀でたものを作ると、周りがおいてけぼりにされていじられずらくなります。



まとめ:いじられないためには『夢中で』何かに取り組んでみること

もう1つ、ダメ押しで事例を挙げます。

いじられなくなった人って、やっぱり皆そうなんですよ。

人任せじゃ、現状は変わらない。

とにかく周りが気にならないくらい夢中になって行動して、周りをドン引きさせてやるくらいじゃないと。

Twitter

コメント

タイトルとURLをコピーしました