手回し焙煎機で焙煎!好みの焙煎度のタイミング!

おうちカフェ

6畳1Kのウチカフェからこんにちは!

自宅がウチカフェ兼、ウチ焙煎所にもなりつつあるKOnnROです。笑

今回は、手動焙煎する際の珈琲の焙煎度についてまとめました!

どのタイミングで火からあげれば良いかを記しております。

使用している焙煎機は、アウベルクラフトさんの遠赤手回し焙煎機です。

もちろん、どの焙煎機でも問題はないですよ!

自分で焙煎する際の参考にして頂ければ幸いです^ ^

この記事を書いた人
今野直倫

【バリスタ兼WEBライター】
通勤中に泡を吹いて倒れ教師辞める➡︎出張カフェ&WEBライター開始➡︎現在|全国各地で出張カフェ。本州一周出張カフェ旅。おうちや公園にも出張|お支払いは『投げ銭』|JSFCAコーヒーソムリエ・食品衛生責任者・飲食営業許可取得。

今野直倫をフォローする

1. ハゼ

まず、好みの焙煎度に煎る際に、知っておくべきことを説明しておきます。

それは「ハゼ」という概念です。

「ハゼ」というのは、珈琲豆が爆ぜることです。

珈琲豆が爆ぜるタイミングというのは、焙煎中に2回あります。

1回目を「1ハゼ」または「ファーストクラック」といい、2回目を「2ハゼ」または「セカンドクラック」といいます。

これらのハゼが起こるタイミングを基準として考えることで、好みの焙煎度にしやすくなります。

以下でもこのハゼのタイミングで、焙煎度を説明していますので、ぜひ覚えて帰ってくださいね^ ^



2. 焙煎度合

ここでは焙煎度合と、そのタイミングについて説明します。

基本的に記述してあるタイミングのところで火から上げると、その焙煎度になります。

なお、これから焙煎を始めようという方に向けての説明となります。

飲用として用いられにくい「浅煎り」そして、エスプレッソに用いられる「極深煎り」に関しては割愛します。

また、別個の記事として扱うので、そちらを参考にしてくださいね^ ^

・ミディアムロースト

1ハゼ終了時の焙煎度合です。

まだまだ酸味の強い焙煎度。

私が自分で焙煎するときも、相当酸味に特徴のある豆でないとしません。

あまり浅煎り向きでない豆を使うと、嫌な渋みが出ます。

酸味に特徴のあるエチオピアなどの豆では、かなりあっさりしたフルーティな味わいになります。

・ハイロースト

1ハゼ終了〜2ハゼ開始の中間の焙煎度合です。

豆の種類や火加減によっては、渋みが残りやすく、若干難しさがありますね。

ただ、酸味とやや苦味が出てくる頃合いで、豆本来の特徴を楽しめます。

酸味寄りの珈琲が好きだという方には、この焙煎度合をおススメしたいですね。

・シティロースト

2ハゼ開始時の焙煎度合です。

苦味と酸味のバランスが良く、安定して美味しく煎れます。

大失敗が少ないので、ご家庭で焙煎される場合には、おススメの焙煎度合と言えますね!

特にこだわりがなければ、まずはこの焙煎度合で焙煎してみてください^ ^

・フルシティロースト

2ハゼピーク時の焙煎度合です。

シティローストよりもやや焙煎が進み、色も黒っぽくなってきます。

煙もよく出てくる頃で、少し不安になりますが、安心してください。

飲めますよ。笑

やや焦がしてしまう心配はありますが、気をつけて見ていれば問題ないでしょう。

苦味が好きな方は、こちらの焙煎度合にしてもいいかもしれませんね。

・フレンチロースト

2ハゼ終了時の焙煎度合です。

ここからは焙煎が深くなり、豆の色もほぼ黒になります。

焙煎が深いので、苦味が強くなり、酸味はほとんどありません。

アイス珈琲やエスプレッソなどの飲み方をされる方は、挑戦されてみてもいいかもしれません。

ただし、煙がひどく出ますので、換気と窓を開けられる方は窓を開けて、行ってくださいね!



3. まとめ

いかがでしたでしょうか?

私は、まず、始めたばかりの方にはシティローストをおススメします。

まずは、自分で上手く焙煎出来る!

ということを掴んでもらって、焙煎を好きになってもらうことが大事やと思うからです。

それから、他の焙煎度合に挑戦してもらえればいいのかなと。

「浅煎り」などでは火加減の調整等も大事になってきます。

「極深煎り」では焦がしてしまう可能性が大いにあります。

シティローストから離れると、それだけ難しくなると考えてください。

難しい焙煎度合に関しては別記事で扱いますので、そちらをご覧ください。

では、今回はこの辺で!

じゃあ、またね👋

 

↓自家焙煎のための生豆リスト

Amazon コロンビア スプレモ

Amazon エチオピア シダモ G2

楽天 メキシコ デカフェ(ノンカフェイン)

 

↓ ポチッとして頂けると記事更新の励みになります^ ^


コーヒーランキング

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ

コメント

  1. […] 手回し焙煎機で焙煎!好みの焙煎度のタイミング! […]

タイトルとURLをコピーしました