【みんなで作る、珈琲屋vol.8】「フェアトレードでウガンダのコーヒー農家を助けたい」ジェバレコーヒーさん

「フェアトレードを通じてウガンダのコーヒー農家さんを支援したい」

こう語るのは大学の仲間とウガンダのコーヒー農家を救う事業活動をしている高野翔大さん。

ウガンダでは基幹産業であるコーヒー農家でも、子供を学校に行かせられない現状があります。

その事実を知った高野さんは、何とか支援できる方法はないかと模索します。

そしてフェアトレードを通じて、ウガンダのコーヒー農家さんを支援する事業を大学の仲間と始めます。

ECサイトや関西でのポップアップストア出店を通じ、ウガンダの農家さんを救おうとするジェバレコーヒー代表高野さんの想いを伺いました。

取材の様子はこちら!

略歴
神戸大学の大学生4人組。
ウガンダのエルゴン山麓で栽培されたコーヒーを、フェアトレードで販売。
日本でフェアトレードのコーヒーを飲むことが、ウガンダのコーヒー農家の所得向上に繋がる仕組みの周知活動をしている。
「両国の間に『国と国』ではなく『人と人』の繋がりを作りたい」
2019年:メンバーの1人がウガンダで有機農業を普及するボランティアプログラムに参加。多くのコーヒー農家さんに出会う。
2020年:別のメンバーが同じ有機農業普及プログラムに参加し、ウガンダの農協のリーダーと組んでフェアトレードコーヒーの輸入販売を行う構想を得る。
2021年:4月に有志のメンバーを募り「ジェバレコーヒー」設立。11月からオンラインで商品の販売を開始。
2022年:神戸・大阪を中心に多くのイベントに参加。オンライン・オフライン両方のイベントでコーヒーの販売を行っている。

ジェバレコーヒーのお豆はこちらから購入できます!

店舗やオンラインショップのお得な情報はこちら!

COWRITE LINE

※いつでも、お友達登録を解除できます。


フェアトレードでウガンダのコーヒー農家を支援

フェアトレードでウガンダのコーヒー農家を支援

北野:まず、自己紹介をお願いします

高野:ジェバレコーヒー代表の高野と申します。

私たちは適正価格で商品を輸入する「フェアトレード」を通じてウガンダのコーヒー農家を支援する活動をしています。

あわせていろいろとコーヒーを加工したり、神戸や京都などのポップアップストアでコーヒーを作ったりしています。

ドリップバッグの販売を開始

コーヒーとポストカード

北野:いろいろな加工方法で提供しているとは、どのような加工でしょうか。

高野:最近ですが、ドリップバックの販売を開始しました。

お客さまの声で「ハンドドリップの器具がない」というのがあって販売にいたりました。

ジェバレコーヒーのお豆はこちらから購入できます!

店舗やオンラインショップのお得な情報はこちら!

COWRITE LINE

※いつでも、お友達登録を解除できます。


ジェバレコーヒー発足のきっかけ

ジェバレコーヒー発足のきっかけ

立ち上げのきっかけは同じ大学の友人

北野:ジェバレコーヒーを設立したきっかけを教えてください。

高野大学での友人との出会いがきっかけです。

僕は経営学部で学んでいて、事業作りに興味がありました。

もう一人のメンバーがウガンダで農業のインターンを経験していて、その経験からウガンダの人になにかできないかと考えていました。

その二人が出会って事業としてスタートしたのがきっかけです。

店舗やオンラインショップのお得な情報はこちら!

COWRITE LINE

※いつでも、お友達登録を解除できます。


活動はポップアップストアとECサイトがメイン

活動はポップアップストアとECサイトがメイン

北野異人館に出店

ドリップするコーヒー

北野:具体的な活動内容を教えてください。

高野:一番大きかったのは神戸の北野異人館に出店したことです。

北野異人館では4日間コーヒー豆の販売と、ホットコーヒーを淹れさせていただきました。

そのほか、商業施設でコーヒー豆の販売やドリンクの販売をしています。

ECサイトから全国に配送

コーヒー豆の袋

高野:インターネットサイト(ECサイト)は事業を立ち上げた11月にスタートしました。

配送は全国無料でやっていますので、どうぞよろしくお願いいたします(笑)

周知はおもに、インスタグラムでおこなっています。

メインのECサイトはストアーズ

北野:インターネットはどのサイトを使っていますか?

高野ストアーズを使っています。

楽天やBASEでは出店していません。

ジェバレコーヒーのお豆はこちらから購入できます!

店舗やオンラインショップのお得な情報はこちら!

COWRITE LINE

※いつでも、お友達登録を解除できます。


基幹産業でも食べていけないウガンダの現状

基幹産業でも食べていけないウガンダの現状

コーヒー農家の子供が学校に行けない

トーストに蜂蜜をたらす

北野:ウガンダの現状を教えてください。

高野:ウガンダは「コーヒー省」が作られるほどコーヒー産業が中心の国です。

その主産業のコーヒー農家でさえ、子供を学校に行かせられない現状があります。

対価の少なさが原因としてあげられます。

そういった現状の農家さんを、フェアトレードを通じて支援できるのです。

北野:ジェバレコーヒーのフェアトレード商品を購入することで、ウガンダのコーヒー農家を支援できるということですね。

ジェバレコーヒーのお豆はこちらから購入できます!

店舗やオンラインショップのお得な情報はこちら!

COWRITE LINE

※いつでも、お友達登録を解除できます。


フェアトレードでウガンダのコーヒー農家を助けるのが目標

フェアトレードでウガンダのコーヒー農家を助けるのが目標

大学生のうちにやりきりたい

笑顔の男女

北野:今後目指す方向を教えてください。

高野:僕たちメンバー全員が大学生で、この先どのような働き方をするのか見えていません。

そのなかで、この事業をやり切りたい気持ちがあります。

事業をするうえで数字の目標もあるのですが、それ以上にウガンダの人を助けたい気持ちがあります。

日本人として発展途上国の人たちを支援する方法を模索していて、そういった精神をもっと知ってほしいです。

またお客さまには、ウガンダのコーヒーを飲んでいただくことで、支援になる、というサイクルを作っていきたいです。

関西を中心に月に2~3回出店しています

北野:今後の具体的な日程があれば教えてください。

高野2か月で10回ほど出店する予定です。

関西が中心になりますが、ぜひ足を運んでいただければと思います。

さいごに

さいごに

適正な労働対価を得られず、子供を学校に行かせられないコーヒー農家さんの現状があります。

僕たちは、そういった人たちをフェアトレードを通じて救う活動をしています。

どうか僕たちの活動をご理解いただき、すこしでもウガンダのコーヒー農家さんの支援にご協力いただければ幸いです。

ジェバレコーヒーのお豆はこちらから購入できます!

みんなで作る、珈琲屋COWRITE COFFEE【公式LINE】

COWRITE COFFFEEは、石川県金沢市にある小さなお店です。
公式LINEで実店舗のお得な情報や最新情報を配信中!

■さまざまな個人ロースターさんの自家焙煎コーヒー豆を中心に、手作りの焼き菓子もお楽しみいただけます
■ 自分達だけでなく、個人ロースターの皆様や訪れるお客様、イラストレーターさんなど、多くの方々との関わりによって作り上げられているお店です

公式LINEで店舗やオンラインショップの情報を配信中

こちらから登録できます!

※いつでも、お友達登録を解除できます。

COWRITE COFFEE店舗情報 バナー

【みんなで作る、珈琲屋vol.8】「フェアトレードでウガンダのコーヒー農家を助けたい」ジェバレコーヒーさん
最新情報をチェックしよう!
>COWRITE COFFEE

COWRITE COFFEE

\みんなで作る、珈琲屋/

石川県金沢市にある小さなコーヒー屋です

■さまざまな個人ロースターさんの自家焙煎コーヒー豆を中心に、手作りの焼き菓子もお楽しみいただけます
■ 自分達だけでなく、個人ロースターの皆様や訪れるお客様、イラストレーターさんなど、多くの方々との関わりによって作り上げられているお店です

公式LINEで店舗やオンラインショップの情報を配信中!
ぜひ、覗いてみてください!

CTR IMG