本の要約・書評

Kindleはアプリで十分!スマホで本を読むメリットとは?

Kindle端末を買うか迷っている方:

「Kindleって専用端末の方が良いんかな?それとも、iPadとか?Kindleのスマホアプリじゃ使いにくいかなぁ……。誰か教えて!」

そういった疑問にお答えします。

僕はKindleのアプリを使って、スマホで本を読み続けて早5年くらい……。

途中でiPadも使ってみましたが、結局スマホアプリに戻ってきました。

そんな僕が、Kindleのスマホアプリを使って本を読むメリットを紹介します。

KindleはスマホアプリでOK!

僕は、スマホ(iPhone)にKindleアプリを入れて本を読んでいます。

ここ5年くらい、全く問題ありません。

とはいえ、専用端末とかiPadの方が画面大きくて良いんじゃ?と思うかもですね。

iPad・専用端末は必要ない(と僕は思う)

僕の完全な主観ですが、iPadやKindle専用端末は必要ないと感じています。

なぜなら、iPad・Kindleの専用端末は、ちょっとデカすぎるからですね。

実際、僕も一回iPadに変えてみましたが、出し入れが結構めんどうなんですよ……。

(専用端末を友達に借りたこともあり。)

僕は、「本を読みたい!」と思ったときに、すぐに本を開きたい!んです。

電車の中とかで、カバンを開け、iPadを探し、隣の人に気を配って……、

ってやるのが少しスマートじゃないなぁ、と。

ということなので、僕はiPad・専用端末を特別に用意しなくて良いと思う派です。

専用端末は目に良いらしい

ただ、Kindle専用端末は「目に良いらしい」という話も聞きます。

実際、「Kindle Paperwhite」という端末の説明を見てみました。

目に優しいフロントライト搭載で、スマートフォンやタブレットのバックライトのように目に向けて光を当てるのではなく、ディスプレイの表面を照らすので、目が疲れにくく快適。お好みに合わせて、8種類の文字サイズから、読みやすいサイズを自由に調節できます。明るさも調節できるので、おやすみ前にも最適の読書体験を。
参考:Kindle Paperwhite

確かに、目に疲れにくいというのは、Kindle専用端末の大きなメリットかもですね。

ただ、読書のときだけ変に気を使わなくても良いんじゃないかなぁ、と思っています。

日常生活でスマホはずっと触っていて、スマホゲームとかも熱中してやっていますよね。

そこで、読書のときだけ気を遣っても、あんまり効果ないんじゃないかなぁ、と。

気になる方は、以下の対策を取ってみるという手もありますしね。

  • ブルーライトカットフィルムを貼る
  • スマホ画面の光量を調節する
  • 文字サイズを変更する

読書のときだけ気を使うと、読書が億劫になるので、僕はスマホでサクッとが好きです。

もちろん、「専用端末の方が好き」という人は、専用端末で読むのもありですよ。

結局、トータルで考えて、どちらの方が自分にメリットが大きいかだと思います。

Kindleはアプリで十分!スマホで本を読むメリット

完全に僕の主観で、Kindleアプリを使ってスマホアプリを読むメリットを紹介します。

アプリのダウンロードは無料

Kindleアプリのダウンロードは無料です。

一方、Kindle専用端末・iPad等を買う場合は、少なくとも1万円前後します。

スマホは元々持っているものでOKですし、手間もお金もかかりません。

紙の本よりもKindle本は安い

紙の本を買うよりも、Kindle本を買った方が安いのもメリットです。

紙代、印刷代、送料がかからないので、当然といえば当然ですね。

僕が最近読んだ『思考は現実化する』の値段は、以下のとおりです。

倍くらい違いますね。

全ての本が倍くらい違うわけではないですが、少なくとも紙の本よりは安いです。

いつでもどこでも読める

いつでもどこでも読める、これは僕が一番重視しているメリットです。

なんでかというと、読書を手軽にできるので、習慣化しやすいからですね。

公共交通機関でも、お風呂でも、カフェでも、アプリを起動するだけで読めます。

スマホって常に肌身離さず持ち歩いてると思うので、全くストレスがなくて良いです。

メモ・マーカーがめちゃ簡単

メモ・マーカーがめちゃくちゃ簡単なのも、ありがたいところですね。

紙の本だと本が汚れるとか、ペンを取り出して……とか、結構ストレスが多いです。

Kindleアプリだと、マーカー・メモは書いたり消したりできます。

画面を長押しして指で引っ張るだけで、こんな感じでマーカーが引けますね。

僕をKindleアプリの使うシーン・具体例

では、僕が実際どんな感じでKindleアプリで読書しているのかご紹介します。

スマホで本を読み始めてから、読書時間が本当に10倍くらいになりました。

各地への出張で大活躍

今野直倫

僕は「放浪のバリスタ」として、全国各地を飛び回っています。

その関係で高速バスをよく使うのですが、車内で本を読むのが習慣です。

  • スマホなので充電しやすい
  • 隣の人の迷惑にならない
  • カバンから取り出す手間がない

iPadやKindle専用端末は、わりと大きいので車内だと邪魔になることが多いです。

スマホならコンパクトなので、公共交通機関で使うにもスマートですね。

お風呂でリラックスして読書

僕が一番好きなのが、お風呂に浸かってリラックスしながらの読書です。

スマホをお風呂に持ち込んで触っている人も多いんじゃないですかね。

その時間が読書になるって考えたらどうでしょう。

なんか優雅な感じしませんか?

iPadやKindle専用端末だと大きいので、お風呂に持ち込みにくいと感じますね。

仕事でも使いやすい

僕はバリスタだけでなく、WEBライターとして本の要約・YouTube台本を書いています。

本を引用するときに、Kindleアプリからドキュメントにコピペできるのが嬉しいです。

こんな感じで、選択してコピーするだけです。

スマホで執筆作業をしている僕としては、これは本当に助かっていますね。

まとめ:Kindleはアプリで十分!スマホで本を読むメリットが多過ぎる

今回は、Kindleのスマホアプリを使って本を読むメリットを紹介しました。

本記事の要点は、以下のとおりです。

  • Kindleアプリのダウンロードは無料
  • Kindle本は紙の本よりも安い
  • いつでもどこでも本が読める
  • メモ・マーカーが簡単にできる

Kindleアプリは以下から無料でダウンロードできますので、試しに使ってみてください。

無料で読める本もたくさんあるので、無料本で読み心地を確認してみると良いですよ!

読書好きの人は、月額980円で本が読み放題の「Kindle Unlimited」もおすすめです。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP