【理由】ミニマリストの鍋・フライパンはたったの1つ!一人暮らしなら鍋は1つで十分。

ミニマリズム

ミニマリストを目指している方

「ミニマリストを目指しているけど、鍋やフライパンは、いくつ持つのがええんやろ?自炊はしたいから、0は困るし……。ミニマリストの鍋・フライパン事情について教えて!」

こういった疑問に答えます。

☑︎本記事の内容


1.ミニマリストの鍋・フライパンは1つで十分!
2.ミニマリストの鍋・フライパンがたった一つで十分な理由
3.ミニマリストの鍋はおしゃれなダッチオーブンで器も兼用


出張カフェするミニマリストの、こんろです。鍋1つで毎日自炊をしています。ということで、そんな僕が“【理由】ミニマリストの鍋・フライパンはたったの1つ!一人暮らしなら鍋は1つで十分。”についてお話ししていきますね。

この記事を書いた人
今野直倫

【出張バリスタ兼WEBライター】
通勤中に泡を吹いて倒れ教師辞める➡︎出張カフェ&WEBライター開始➡︎現在|全国各地で出張カフェ。本州一周出張カフェ旅。おうちや公園にも出張|お支払いは『投げ銭』|JSFCAコーヒーソムリエ・食品衛生責任者・飲食営業許可取得。【11月末までに30万用意してキッチンカーを作る】

今野直倫をフォローする

1.ミニマリストの鍋・フライパンは1つで十分!

結論からいうと、一人暮らしミニマリストの鍋・フライパンは1つで十分です。
僕は、1つの鍋で、毎日自炊をしていますが、何ら困ったことはありません。

1.1 あなたの鍋やフライパン全部使ってますか?

あなたは、お家に、鍋やフライパンをいくつ持っているでしょうか?
そして、その鍋やフライパンを、どれくらいの頻度で使っていますか?

おそらく、全く使っていなかったり、たまにしか使わなかったりする、鍋やフライパンがシンク下の収納に眠っているのではないでしょうか。
かく言う僕も、一年前は、鍋やフライパンをたくさん持っていて、使わないまま放置していました。

いつか使う、と思って鍋やフライパンを置いておきがちですが、実際はほとんど使わない場合が多いですよね。
なので、いっそのこと鍋を1つに絞って、残りを捨ててしまいましたが、半年ほど困ったことはありません。

鍋1つでも、十分色んな料理が作れますし、洗い物も少なくて済むので、とても快適です。
あなたも、今日から、鍋1つの生活を始めてみませんか?

1.2 一人暮らしミニマリストが鍋で作る料理

鍋1つで作ることのできる料理は、意外とたくさんあります。
まずは、鍋料理です。

鍋料理だけでも、色々なバリエーションがありますし、栄養もたっぷり取れます。
簡単かつ美味しく、栄養も取れる、究極のミニマリスト飯と言えるでしょう。

鍋料理と似たところでいうと、カレーやシチューも、良いですね。
また、鍋では炒め物も、焼き物も、作ることができます。

例えば、野菜炒めや、焼き魚、ステーキなども問題なく作れるので、フライパンが無くても大丈夫です。
鍋1つでも、毎日違う料理を楽しむことができるので、鍋1つの自炊生活はおすすめです。



2.ミニマリストの鍋・フライパンがたった一つで十分な理由

上では、ミニマリストには、鍋1つで十分生活できるということを紹介しました。
ここでは、なぜミニマリストには鍋1つで十分なのか、理由を深掘りして説明します。

2.1 鍋は全ての調理器具を兼ねる

鍋は、非常に汎用性が高く、全ての調理器具でできることを兼ね備えています。
あなたは、野菜炒めなど、炒め物をするときに、おそらくフライパンを使いますよね?

ただ、よくよく考えてみれば、上でも紹介したように、炒め物は鍋でも作れます。
炒め物はフライパンで作るもの、という固定観念を取っ払ってしまえば、鍋で何ら問題ありません。

実際、僕もフライパンで作るような青椒肉絲や、ムニエルなどを作っています。
また、やかんでお湯を沸かしたりするかと思いますが、それも鍋で代用することができますよね。

やかんは、お湯を沸かすためだけの物なので、非常に汎用性が低く使う場面も限られます。
汎用性の高い鍋を残すことで、他の調理器具の用途もカバーすることができるのです。

2.2 鍋1つで料理をすると手間が減る

ミニマリストの人は、手間や時間を取られるのを、あまり好まない傾向にあります。
もし、料理を趣味として楽しんでいるのなら別ですが、できれば時間や手間はかけたくないですよね?

鍋1つで料理をすると、手間が減ったり、時短に繋がったりします。
なぜなら、鍋が1つしかないので、基本的にはワンプレート料理か、汁物の料理になります。

例えば、僕がよくするのは、肉や魚を焼いて、レタスやベビーリーフをちぎって添えるという料理です。
また、カレーやシチュー、鍋なら、それだけで栄養が取れるので、これも楽です。

また、基本的には、具材を鍋に入れたら、後は焼くか煮続けるだけなので、その間はYouTubeなどを見て待っています。
手間を極力省き、時間を有効活用できる鍋での料理は、まさにミニマリスト向けの自炊ですね。



3.ミニマリストの鍋はおしゃれなダッチオーブンで器も兼用

最後に、僕が使っている、鍋であるダッチオーブンをご紹介します。
ただの手鍋では味気ない、という方には、こちらのおしゃれかつ機能的なダッチオーブンがおすすめです。

3.1 ミニマリストの鍋はダッチオーブンがおしゃれでおすすめ

ミニマリストの調理器具は、鍋1つで十分だ、とは言っても普通のアルミの鍋では、少し味気なかったりしますよね
そんなあなたにおすすめなのが、おしゃれで便利な、ダッチオーブンという鍋になります。

ダッチオーブンとは、キャンプなどにも使われる、鉄製の鍋です。
洋食屋さんの煮込みハンバーグなどを作ってそのまま提供する、ストウブ鍋の大きめのものを想像してみてください。

ダッチオーブンは、見た目も黒くてシックで、アウトドア感もあって非常にオシャレに使えます。
僕の家の机は、Colemanの木の折り畳みテーブルなので、家にいながらちょっとしたアウトドア気分に浸れます。

ダッチオーブンでカレーを作り、そのままColemanのテーブルで食べるのが、キャンプみたいで楽しいですね。
せっかく鍋を1つにするなら、見た目にも楽しい鍋だと、気分も上がっていいですよ。

3.2 ダッチオーブンで器も兼用し手間を減らす

料理は好きだけど、洗い物は面倒くさい……と思っているのは、僕だけではないはずです。
ダッチオーブンのようなおしゃれな鍋で、食べる器も兼用してしまえば、洗い物がぐっと減ります。

ただ、片手鍋でそのまま料理を食べるのは、心理的な抵抗がありますよね。
ただ、洋食屋さんでハンバーグなどがストウブ鍋で出てくるように、ダッチオーブンを使うとかえっておしゃれ感が出ます。

先ほども言ったように、カレーなどは作ってそのまま、そこにご飯をよそって食べればOKです。
また、ワンプレート料理にしてしまえば、ダッチオーブン1つで、事足りてしまいますよね。

洗い物が1つで済むと、本当に家事に対する負担が減りますし、自炊をするのにも抵抗がなくなり、捗ります。
片手鍋では少し抵抗があるという方は、ダッチオーブンを取り入れてみてはいかがでしょうか?



まとめ:ミニマリストなら鍋1つで簡単&手間なし料理!

記事のポイントをまとめます。


1.ミニマリストの鍋・フライパンは1つで十分!
2.ミニマリストの鍋・フライパンがたった一つで十分な理由
3.ミニマリストの鍋はおしゃれなダッチオーブンで器も兼用


こんな感じです。
僕自身、鍋1つで生活をしていますが、問題なく毎日楽しく自炊をしています。

自炊がなんだか億劫という方は、鍋1つに制限すると、意外と作るものが見えてきて料理をすることに前向きになれますよ。
また、ダッチオーブンにすることで、器も使わなくなったので、洗い物がなくなって、自炊に対するハードルも下がりました。

ミニマリストを目指している一人暮らしの方は、鍋1つの生活をぜひ取り入れてみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました