HARIO V60 ドリッパーの特徴を比較!【vs Kalita & KONO】

おうちカフェ

ドリッパーの購入を考えている方「HARIO V60 ドリッパーってどんな特徴があるんやろ? ある程度は分かるけど、他のドリッパーとどう違うんかなぁ。違いが知りたい!」

そういった疑問に答えます!

◇本記事の内容

1. HARIO V60 vs Kalita扇形

2. HARIO V60 vs KONOドリップ名人

3. こんなときにHARIO V60 ドリッパーはおすすめ!


6畳1Kのウチカフェからこんにちは😃

超趣味珈琲人のこんろです。

自宅には色々なドリッパーがあって、毎回気分を変えて色んなドリッパーを試しております。

そんな感じでうちには沢山のドリッパーがあるので、これを活かさないのはもったいない!

ということで今回は、HARIO V60 ドリッパーを2つのドリッパーと比較していきます。

本記事が皆さんのコーヒーライフのお役に立てば幸いです☺️

この記事を書いた人
今野直倫

【バリスタ兼WEBライター】
通勤中に泡を吹いて倒れ教師辞める➡︎出張カフェ&WEBライター開始➡︎現在|全国各地で出張カフェ。本州一周出張カフェ旅。おうちや公園にも出張|お支払いは『投げ銭』|JSFCAコーヒーソムリエ・食品衛生責任者・飲食営業許可取得。

今野直倫をフォローする

1. HARIO V60 vs Kalita扇形

では早速比べていきましょう!

まずは、迎え撃つ、HARIO V60 ドリッパー。

円錐形では、一番メジャーといっても過言ではないのではないでしょうか?

深く掘られた流れるようなリブが特徴的なドリッパーですね。

・HARIO V60 ドリッパー

Amazon

楽天

一方のKalita扇形ドリッパーも、扇形ドリッパーでは一番メジャーといっても過言ではありません。

これらの二つのドリッパーは全くタイプが異なります。

ドリッパーを選ぶ際に重要なポイントとして、“湯の落ちるスピード”がありますね。

この二つのドリッパーは、その点でも大きく異なるので、そのちがいを見てみましょう!
 

 

圧倒的に、HARIO V60の方が湯の落ちるスピードが速いですね。

これが、円錐形ドリッパーはコーヒーをあっさり淹れるのに向いている、と言われる所以なのです。

一方のKalita扇形ドリッパーは、湯をゆっくりじっくり落としてくれます。

こうなると、濃くてこっくりしたコーヒーが入りやすくなります。

HARIO V60 ドリッパーとKalita扇形ドリッパーを両方お持ちの方は、自分の好みやシーンによって使い分けると良いですね☺️

・Kalita扇形ドリッパー

Amazon

楽天



2. HARIO V60 vs KONOドリップ名人

次は、同じ円錐形ドリッパーであるKONOさんのドリップ名人と比較します。

馴染みのない方もいらっしゃると思いますが、KONOさんのドリッパーもかなりメジャーです。

ある程度ドリップに慣れた方向けと言われていますね。

こちらも先ほどと同様に湯の落ちるスピードを比べてみましょう!

それがですね……ぴったり同着なんですよ😅

おやおや?

全く同じ速度でお湯が落ちるということは、どっちのドリッパーを使っても変わらないんやないかい??

という声が聞こえてきそうです。笑

ということで、さらなる比較を致しました。

今度は実際に粉を淹れてそこにお湯を注いでいきます。
 

 

このように、落ちる速度は変わらないのですが、コーヒーの色や味の濃さに違いが出ました。

これはどういうことなのでしょうか?

その秘密はドリッパーの“リブ”にあるんです。

上の写真の通り、HARIOさんのドリッパーには深くて長いリブが入っております。

そこへペーパーを入れると、ドリッパーとの間に隙間ができますよね?

その間をお湯がそのまま、豆を通過することなく落ちることにより、コーヒーが薄まっていると考えられます。

一方のKONOさんのドリッパーには、短くシンプルなリブが入っているだけです。

こうなると、ドリッパーとペーパーがほとんどぴったりくっ付いた状態になりますので、粉をしっかり通った抽出液が落ちてくるのです。

ドリッパーを選ぶときは、形だけでなくリブにも注目すると良いですね☺️

・KONOドリップ名人

Amazon

楽天



3. こんなときにHARIO V60 ドリッパーはおすすめ!

上で見たように、HARIO V60 ドリッパーは、他のドリッパーに比べて湯が落ちるのが速く、あっさり目のコーヒーが入るという特徴があります。

この特徴を活かすには、浅煎りの酸味や甘みに特徴のあるお豆を使うと良いでしょう。

フルーツのようにジューシーな酸味や甘みがありながら、紅茶のようなすっきりしてくどくない、そんなコーヒーが淹れられますよ☺️

そういった特徴のお豆はアフリカ地域に多いですね。

例えばですが、以下のような豆がおすすめです。

・ケニア

サザコーヒー ケニア

・エチオピア

横砂園 エチオピア モカ・イリガチェフェG1

・タンザニア

横砂園 タンザニア エデン・キリマンジャロAA

これらのお豆はどれも酸味に特徴があり、ジューシーな風味と、花を思わせるような香りが楽しめます🌼

どれもHARIO V60 ドリッパーで淹れるのに向いているお豆と言えますね☕️



○まとめ

本記事の内容をまとめます。

1. HARIO V60 vs Kalita扇形

2. HARIO V60 vs KONOドリップ名人

3. こんなときにHARIO V60 ドリッパーはおすすめ!

こんな感じです。

ドリッパーには色々な種類があり、それを選ぶのもコーヒーの楽しみの一つですよね。

HARIO V60 ドリッパーはその中でも特徴が尖っていて、難しいと感じる方もいるかと思います。

そんなときは、ドリッパーにも向き不向きがあるということを思い出して頂いて、HARIO V60 ドリッパー向きのお豆でドリップしてみてくださいね☺️

今回は以上になります。

コメント等ありましたら、Twitter・Instagram・youtubeもやっておりますので、そちらの方でもどうぞ!

☆今回のコーヒーグッズ

・HARIO V60 ドリッパー

Amazon

楽天

・Kalita扇形ドリッパー

Amazon

楽天

・KONOドリップ名人

Amazon

楽天

・ケニア

サザコーヒー ケニア

・エチオピア

横砂園 エチオピア モカ・イリガチェフェG1

・タンザニア

横砂園 タンザニア エデン・キリマンジャロAA

コメント

タイトルとURLをコピーしました