【3投式】ペーパードリップ。

おうちカフェ

6畳1Kのウチカフェからこんにちは!

毎日欠かさず珈琲をドリップしているKOnnROです^ ^

今回は、ペーパードリップの方法を解説していきます。

私が推奨するのは、味のブレが出にくい【3投式】です。

【3投式】は、あのスターバックスさんでも採用されている方法です♪

ここでは、【手間がかからず誰でも簡単にできる】ように簡易化したやり方を紹介します!

では、さっそく、見ていきましょう!

この記事を書いた人
今野直倫

【出張バリスタ兼WEBライター】
通勤中に泡を吹いて倒れ教師辞める➡︎出張カフェ&WEBライター開始➡︎現在|全国各地で出張カフェ。本州一周出張カフェ旅。おうちや公園にも出張|お支払いは『投げ銭』|JSFCAコーヒーソムリエ・食品衛生責任者・飲食営業許可取得。【11月末までに30万用意してキッチンカーを作る】

今野直倫をフォローする

1. 準備するもの

準備するのは、以下の通りです。

・ドリッパー

・ペーパーフィルター

・サーバー

・珈琲粉 30g

・ドリップケトル(無ければ普通のポットや、急須)

・沸かしたお湯

温度計や、タイマー、キッチンスケールは、面倒なので用意しません。笑

だいたいで大丈夫です👌

今回は珈琲粉30gで、360mlの抽出となります。

だいたい10gで一杯分120mlを抽出するのが良いかなぁと思います。



2. 準備段階

まず、沸かしたお湯を一度サーバーに全部注ぎましょう。

そうすることで、サーバーが温まります。

そうしたら、サーバーからドリップケトルにお湯を移してください。

これで、お湯の温度がさがります。

だいたい85度〜90度くらいになるので、少し待てば適切な温度になります。

温度計要らずですね。笑笑

後は、ペーパーの折り目を互い違いに折って、ドリッパーにセットし、粉を入れたら準備OK!

粉は気持ち粗めに挽いておくと良いでしょう。



3. ドリップ

・蒸らし

さて、準備ができたら、まずは蒸らしです。

粉全体にお湯が馴染むように注いでいきます。

サーバーの底一面に、薄くお湯が落ちるくらいがいいですが、そんなに気にしなくて大丈夫です。笑

粉全体にお湯が馴染むことが大事なので、少し多かったり、少なかったりしても構いません。

・1投目

1投目は、粉全体にお湯を注いでいきます。

内から外に、外から内に円を描くようにお湯をそっと置いていくイメージです♪

このとき、ペーパーに直接かけないように注意してくださいね!

・2投目

2投目からは真ん中を中心に注いでいきます。

真ん中に注いでいくと、外側に珈琲粉で土手ができていきますので、それを崩さないように注いでいきましょう。

一回の注ぐ量は、だいたい珈琲一杯分120mlを目安に注いでください!

・3投目

3投目も真ん中を中心に注いでいきます。

ある程度注いだら、真ん中の一点に湯を注ぎ続けてください。

ここは、さーっと落としていって大丈夫です。

ここであまり時間をかけると、エグ味や渋みが出てしまいますよ……!

サーバーに目標の抽出量の360mlが落ちたら、ドリッパーを外して完成です♪



4. まとめ

いかがでしたでしょうか?

目分量や、だいたいの感覚でやっているので(笑)、そんなに難しくなかったのではないかと思います。

もちろん、きちっと量や温度、時間を測れば、もっと安定したドリップにはなると思います。

でも、毎日やることですからね。

大雑把に、こんくらいでいいや、という軽い気持ちで、楽しんで頂けることも大事なのかなと思っております^ ^

では、今回はこの辺で。

じゃあ、またね👋
 

今回使用したドリッパー↓

Amazon KEY COFFEE クリスタルドリッパー
楽天 キーコーヒー/Noi クリスタルドリッパー
 
↓ クリックして頂けると励みになります^ ^


コーヒーランキング

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました