豆の挽き具合の『なんで?』

コーヒー知識

エスプレッソは細挽き。

ハンドドリップ は中挽き。

フレンチプレスは粗挽き。

使用する器具や、抽出方法の違いで、挽き具合が異なるのは『なんで』なのでしょうか?

では、まず、器具によって挽き具合を考慮しないとどうなるかをお話しします。

よくありがちなのが、かなり細挽きの粉を使ってハンドドリップをしてしまうということです。

このようにドリップすると、苦味やエグ味、渋味の強いコーヒーになります。

こんな経験ありませんか?

まず、原則として、コーヒーの味わいは、酸味→甘み→苦味→雑味の順で出ます。

そして、豆を細かく挽けば挽くほど、味が出やすくなります。

これは経験則からも、容易に想像がつきますよね。

なので、ハンドドリップで細かすぎる粉を使うと、味が出やすくなって、雑味(渋味やエグ味)まで出てしまうのです。

では、『なんで』エスプレッソは、細挽きで挽くのが良いのでしょうか?

これは、エスプレッソと、ハンドドリップ との抽出方法の違いが関係しています。

エスプレッソの抽出は、圧力をかけて短時間で抽出します。

なので、粉を細くして、抽出効率を上げて、一瞬で味が出るようにしなければならないのです。

ということで、まとめると、挽き具合が異なるのは『なんで』の理由は、器具や抽出方法によって挽き具合を変えないと、余計な味が出てしまったり、逆に味が出なかったりするから、です。

コメントや付け足しお待ちしております〜

最終的には、あなたのコメントも付け加えたオリジナルの一冊になるので、お楽しみに!

追記:なおさん👧

こんろさん、ありがとうございます😋

なるほど~、つまり私のような素人飲む専はお店で引き具合を伝えるよりも「こんな方法で家で飲みたいんだよ~」というように飲み方を伝えて相談する方が良いんですね☺️

明日、近所のコーヒー豆屋さんに行く予定でしたので、店主さんに相談する時チャレンジしてみます!

タイトルとURLをコピーしました