水出しコーヒーが苦い?苦味を抑えて甘みを引き出す淹れ方を説明!

おうちカフェ

「水出しコーヒーが苦くて飲みづらい

渋味に似たような苦味が出てしまう」

水出しコーヒーの淹れ方は工夫の余地がないと思うかもですが、

実は、淹れ方を工夫すれば飲みやすいコーヒーが淹れられます。

参考書籍:
田口護の珈琲大全 ← 圧倒的な情報量と論理的な解説でコーヒーを徹底的に学べる
コーヒーの科学  ← コーヒーの「おいしさ」を論理的に学べる&再現できる
珈琲完全バイブル ← 写真付きの見やすいビジュアルで初心者でもとっつきやすい
珈琲の大事典   ← 「珈琲完全バイブル」に似たテイストで少し詳細なイメージ
この記事を書いた人
今野直倫

【出張バリスタ兼WEBライター】
通勤中に泡を吹いて倒れ教師辞める➡︎出張カフェ&WEBライター開始➡︎現在|全国各地で出張カフェ。本州一周出張カフェ旅。おうちや公園にも出張|お支払いは『投げ銭』|JSFCAコーヒーソムリエ・食品衛生責任者・飲食営業許可取得。【11月末までに30万用意してキッチンカーを作る】

今野直倫をフォローする

水出しコーヒーが苦い……。こんな淹れ方してませんか?

水出しコーヒーが苦いという方は、以下のポイントを要チェックです⇩

☑焙煎度が深い
☑挽き方が細い
豆が古い
粉で保管している

水出しコーヒーの渋みや苦味は上記の要因で出ます。

水出しコーヒーが苦くなってしまうとき、

コーヒーに何が起こっているのかというと、

①豆が劣化して嫌な渋味が出ている
抽出し過ぎて苦味・渋みが出ている

ほとんどがこの2パターンに集約されます。

『豆が古い』『粉で保管している』は①の劣化による渋味なので、

焼きたての豆を買い、適切な保管をすれば苦味を抑えられます



水出しコーヒーの苦味を抑えて甘みを引き出す淹れ方【レシピ】

焼きたての豆を、適切に保管していることを前提として、

以下のレシピのような淹れ方をすれば、苦味が抑えられます。

【レシピ】
☑豆の種類:ブラジル(中南米産の豆)
☑焙煎度:中煎り~中深煎り
☑挽き方:中細挽き
☑抽出時間:7時間程度

抽出時間は目安で、7時間以上になっても良いですが、

短すぎると薄い水出しコーヒーになってしまうので注意です。

気を付けるべきは焙煎度と挽き方で、

深すぎたり細すぎたりすると苦味・渋みの原因となります。

中煎り・中深煎り程度のブラジル(や中南米産の豆)は、

ナッツやチョコレートを思わせる甘みが特徴的です。

上手く抽出すると洋酒にも似たような味わいも感じられます。

個人的には『ブラジル・モンテアレグレの中深煎り』がお気に入りですね。



水出しコーヒーの「苦味」に時間や豆の量は関係ないのか?【理由】

上の水出しコーヒーの淹れ方レシピでは、

抽出時間豆の量に関して特に触れませんでした。

結論からいってしまうと「苦味」には関係がありません

コーヒーの濃さ・薄さ

豆の量・水の量は味の濃さに関係するものです。

なので、味が濃くなって「苦味」と感じることは、

確かにあるかもしれませんが、実は苦いわけではありません

一方で、抽出時間は酸味・苦味に関係していそうです。

ただ、水出しコーヒーにおいては抽出時間はほとんど関係ありません。

なぜなら、水出しコーヒーの抽出原理は浸透法と呼ばれるもので、

一般的なハンドドリップとは抽出方法が全く異なるからです。

コーヒーの成分が水に溶けだし飽和状態となると、

それ以上水に成分が溶け出すことはなく抽出は止まります

よって、7時間抽出も8時間抽出も味わいに差はほとんどないのです。



水出しコーヒーの「苦い」は少々特殊!

水出しコーヒーの苦味を抑える淹れ方は以下です⇩

【レシピ】
☑豆の種類:ブラジル(中南米産の豆)
☑焙煎度:中煎り~中深煎り
☑挽き方:中細挽き
☑抽出時間:7時間程度

これでも苦いのであれば、挽き方を少し粗くしてみてください

また、淹れ方で分からないことがあればLINEでも聞いてくださいね!

今野直倫のLINE

参考書籍:
田口護の珈琲大全 ← 圧倒的な情報量と論理的な解説でコーヒーを徹底的に学べる
コーヒーの科学  ← コーヒーの「おいしさ」を論理的に学べる&再現できる
珈琲完全バイブル ← 写真付きの見やすいビジュアルで初心者でもとっつきやすい
珈琲の大事典   ← 「珈琲完全バイブル」に似たテイストで少し詳細なイメージ

コメント

タイトルとURLをコピーしました