余ったコーヒー豆を活用してとろける珈琲牛乳プリンをずぼらに作る!!

コーヒー知識

この記事を読んで分かること:

余ったコーヒー豆、卵、牛乳そして砂糖があれば、とろける珈琲牛乳プリンがずぼらに作れます!


コーヒー豆を持て余している方

「コーヒー豆が余ってしゃあない!でも、こんなにたくさん飲みきれん……。何か別の使い道ない?」

そういった疑問にお答えします!

◇本記事の内容

1. 余ったコーヒー豆で珈琲牛乳プリンをずぼらに作る!

2. ずぼら珈琲牛乳プリンの作り方。

3. ちょい足しでさらに大人味に!


皆さん、こんにちは!

珈琲ユーチューブロガーのこんろです。

皆さんのお家に、大量に仕入れてしまったコーヒー豆、余っていませんか??

それが美味しいデザートになったら、ステキですよね!

ということで今回は、”余ったコーヒー豆を使ったとろける珈琲牛乳プリンの作り方” をご紹介します。

本記事が、皆さんのコーヒーライフのお役に立てれば幸いです。

この記事を書いた人
今野直倫

【放浪のバリスタ / WEBライター】コーヒーとモノ書きで生きてる25歳。|心気症を患い、通勤中に倒れて「好きなことをする」と決めました。|全国各地でカフェ開催 / コーヒー販売 / コーヒーコラム執筆|周りの人を助けるための会社を作ります。

今野直倫をフォローする

1. 余ったコーヒー豆で珈琲牛乳プリンをずぼらに作る!

結論からいうと、とろける珈琲牛乳プリンは、余ったコーヒー豆さえあれば、お家にあるもので簡単に作れます!

まずは、大抵のお家にはあると思いますが、以下のモノを確認してください⬇︎


・牛乳

・卵

・砂糖

・鍋

・カップ(紙コップでも可)


どうですか?

たぶん、ありますよね。笑

そうなんです。

とろける珈琲牛乳プリンは、めちゃくちゃ簡単にできてしまうんです!

“とろける” ようにするコツは、材料の割合とその作り方にあります。

至ってシンプルなので、ぜひ覚えて活用してみてくださいね。

では、その辺りも含めて、作り方を詳しくかつ”ずぼらに”説明していきます!笑

ずぼらコーヒーゼリーの作り方。余ったコーヒー豆を有効活用しよう!

☝︎ゼリーも美味!
(↑別タブで開きます!)

2. ずぼら珈琲牛乳プリンの作り方。

ずばり、珈琲牛乳プリンの作り方のコツは、材料の比率と、作り方の工程にあります。

動画で見たい方はこちら⬇︎

では、比率のコツからお伝えします。

ポイントは【1:1】です。

1:1ですよ、いいですか、テストに出ますよ。笑

まず、珈琲:牛乳=2:1なんですが、ここはそんなに気にしなくて大丈夫です。

ミルク感が強いのが好きなら牛乳多めでもいいですし、逆に珈琲感がもっと欲しいなら珈琲を増やしても構いません。

コーヒーをハンドドリップする際は、濃いめに抽出するのがおススメです!

こっくりとした珈琲牛乳で、ほっと落ち着けるような味わいになります。

深煎りのお豆やとなお良しですね〜

ハンドドリップしたら、先ほどの割合で牛乳と混ぜれば、今回の味の要である珈琲牛乳の完成です。

次が大事で、卵:珈琲牛乳の割合は1:1です。

ここが超重要で卵が多過ぎれば硬くなりますし、少なければ固まりません。

そして、しっかり混ぜてあげてくださいね。

ただ、あまりがちゃがちゃして泡立つように混ぜるのはよくないです。

プリンの液に空気が入って、出来上がったプリンがプツプツになってしまいます。

優しく、でもしっかり卵と珈琲牛乳が混ざるようにしましょう。

あとは、適当に砂糖を入れてください。

え、今まで割合きちっとしてきたのに、急に適当すぎん!?

と思われるかもしれませんが、測るのが面倒なので目分量です。笑

1つ言えるとすれば、多いかなぁ……と思っても意外と砂糖の味がしないので、多目に入れて大丈夫です!

そうやってプリンの原液ができたら、沸騰するまで熱して火を止めた鍋に、コップを入れて蓋をします。

あとは、これで待つだけです。

ね、簡単でしょ?

3. ちょい足しでさらに大人味に!

はい、これで”とろける珈琲牛乳プリン”の完成です♪

見てください、このぷるぷる具合!!

断面もキメが細かくて滑らかです。

沸騰させて火を止める、というのがコツですね。

グツグツ煮立ったままにしておくと、プリンの液もプツプツと空気が入ってしまうんですよね。

じっくり固めることによって、なめらかな舌触りになるので焦らず放置してください!

で、このままでももちろん美味しいのですが、おすすめはこちらの記事で作った【コーヒーシロップ】をかけて、頂くことです⬇︎

コーヒーシロップの作り方と美味しいアレンジレシピ!余ったコーヒーで贅沢を

☝︎材料はわずか2つ!

(↑別タブで開きます!)

こちらのシロップも、余ったコーヒー豆で作れるもので、ビターテイストなシロップになっています!

シロップをかけるとこんな感じ。

少し苦味のあるカラメルソース、といった感じですね。

コーヒー牛乳のまろやかな甘みと、シロップの大人な苦味が、非常によく合います!

よかったら上の記事を参考にして、作ってみてくださいね!

◯まとめ

本記事の内容をまとめます。


1. 余ったコーヒー豆で珈琲牛乳プリンをずぼらに作る!

2. ずぼら珈琲牛乳プリンの作り方。

3. ちょい足しでさらに大人味に!


こんな感じです。

この記事では、余ったコーヒー豆をプリンにしてしまう方法を紹介しました。

余ったコーヒー豆の別の活用方法は、こちらをご覧ください!

コーヒー豆が余る??余ったコーヒー豆の3つの消費方法【材料いらず!】

☝︎プリンもいいけどゼリーも絶品!コーヒーシロップも!

今回は以上です。

SNS(Twitter・YouTube・Instagram)もやっておりますので、そちらからもコメント・質問どうぞ!

タイトルとURLをコピーしました