【コーヒー好きの人へ】コーヒービーンズシュガー(砂糖)が美味しくておしゃれ!【おすすめ】

コーヒーグッズ

コーヒー好きの方

「普段、コーヒーに砂糖を入れて飲む。普通の砂糖って、コーヒーに入れるとなんか微妙……。コーヒーにおすすめの砂糖、何かない?」

こういった疑問に答えます。

☑︎本記事の内容


1.コーヒービーンズシュガーとは?

2.コーヒービーンズシュガーは楽しみ方が色々!

3.来客用にもおすすめなコーヒービーンズシュガー。


出張カフェをしているコーヒー好きのこんろです。コーヒーは毎日淹れて飲んでいます。ということで、今回はおすすめのコーヒー用の砂糖「コーヒービーンズシュガー」についてお話ししていきますね。

この記事を書いた人
今野直倫

コーヒーとモノ書きで生きるフリーランス。

今野直倫をフォローする

1. コーヒービーンズシュガーとは?

コーヒービーンズシュガーとは、コーヒーの形を模した砂糖です。

1.1 コーヒービーンズシュガーとは?

商品情報


名称|砂糖

内容量|8粒 ×4袋

販売者|株式会社キャメル珈琲 TC

原材料名|砂糖(芳味、和味)

Amazon コーヒービーンズシュガー(新タブで開きます)


コーヒービーンズシュガーは、カルディさん(KALDI COFFEE FARM)のオリジナル商品のコーヒーの形をした砂糖です。

芳味(こうみ)と和味(なごみ)という2種類の赤糖が、各2袋ずつ(1袋に8粒入り)の計32粒入っています。

芳味と和味というのは、色と味わいが違い、やや色が濃くコクが深いのが「芳味」、やや色が薄くあっさりとしているのが「和味」です。

コーヒービーンズシュガーの一番の特徴といえば、なんといってもコーヒー豆を模した見た目ですね。

味ももちろん大事ですが、この見た目だけでも惹くかれてしまいますよね

1.2 コーヒービーンズシュガーはコーヒーにもってこい!

コーヒーを飲まれるときにあなたはどんな砂糖を使っていますか?

グラニュー糖やコーヒーシュガー、ガムシロップ、またはハチミツなどを使われている方もいるかもしれません。

そういった砂糖を使っていて、甘ったるくなってしまったり、溶けにくかったり、変な味が付いてしまったりしたことはありませんか?

特に角砂糖なんかは、アイスコーヒーにはほぼほぼ溶けないですよね。

そういった方は、今回紹介するコーヒービーンズシュガーを使ってみてもいいかもしれません。

Amazon コーヒービーンズシュガー(新タブで開きます)

2. コーヒービーンズシュガーは楽しみ方が色々!

コーヒービーンズシュガーはコーヒーに溶かして飲むのはもちろん、そのままお菓子として食べることもできるんです。

2.1 コーヒービーンズシュガーは溶けやすくて芳ばしい。

コーヒービーンズシュガーは、固形の砂糖になりますが、同じような角砂糖に比べてかなり溶けやすいです。

ホットコーヒーにはもちろんあっという間に解けますし、アイスコーヒーにもさっと溶けます。

コーヒービーンズシュガーは、スプーンでつつくとサクッと崩れるので、使い勝手が非常にいいです。

今まで角砂糖を使っていて慣れている方は、見た目が可愛くて溶けやすいコーヒービーンズシュガーに変えてみるのをおすすめします!

また、使いやすさだけでなく、味の方も芳ばしくてコーヒーに合うのでおすすめです。

苦ーいコーヒーに入れると、しっかり苦みを打ち消してくれるのですが、それでいて甘ったるさが全くありません。

赤糖の芳ばしい風味も加わって、ほっと落ち着く和の雰囲気あるコーヒーになります。

和菓子なんかを合わせても美味しいですし、ミルクを足しても黒糖ミルクラテのような味わいが楽しめますよ。

2.2 コーヒービーンズシュガーはそのまま食べても美味。

このコーヒービーンズシュガーは、そのままお菓子として食べることもできるんです。

ただの砂糖じゃないんですね。

サクサクした食感で、口のなかでほろほろと崩れる感じがたまりません!

「砂糖そのまま食べて甘くない?」

と思われる方もいそうですが、先ほどもいったようにコーヒービーンズシュガーは、甘さ控えめです。

甘さというよりも、どちらかというと芳ばしさの勝りますね。

そのおかげで、一つ食べ始めると病みつきになって、手が止まらなくなってしまうのは問題かもしれません。(笑)

【急冷式アイス珈琲】フィルター二枚重ねでじっくり淹れる濃厚な味わい!!

↪︎アイスコーヒーにもめちゃくちゃ合います!

3. 来客用にもおすすめなコーヒービーンズシュガー。

おしゃれでかわいいコーヒービーンズシュガーは、来客用にもおすすめです。

お家に人を良く招く方は、コーヒービーンズシュガーで話に花が咲くかも?

3.1 コーヒービーンズシュガーをおしゃれな茶菓子として振る舞う。

コーヒービーンズシュガーは、先ほども言ったようにそのままお菓子としても食べられます。

なので、コーヒーに添えて茶菓子として出してみるのはいかがでしょうか?

お客さんも「かわいい!」と喜んでくれるので、なんだか自分も嬉しくなりますよね。

きっと「なにこれ!?」と興味を示してくれると思うので、話のきっかけ作りにも最適です。

また、これは少しずるい考え方かもしれませんが、コーヒービーンズシュガーを添えるだけでお菓子としても砂糖としても使えるので、手間が省けます。(笑)

汎用性の高い砂糖なので、砂糖を用意して、茶菓子を用意して……ああ、面倒くさい!というずぼらさんにもおすすめですよ。

3.2 インテリアとしても優秀なコーヒービーンズシュガー。

おしゃれでかわいいコーヒービーンズシュガーは、飾っておくだけでも非常に映えます。

今どきの「インスタ映え」というやつです。

かくいう私も、コーヒービーンズシュガーを手に入れたときは喜んでInstagramに投稿しました。(笑)

ガラスの瓶なんかに入れて飾っておいてもいいですよね。

食卓に、コーヒービーンズシュガーの入ったガラス瓶を置いておくだけで、おしゃれなお部屋を演出できますよ。

お客さんにも喜んでいただけるのはもちろん、普段から自分の気分も上がるのでおすすめですね!

小さいドリップケトルは粕谷モデルがおすすめ。おしゃれかつ使いやすい!!

↪︎コーヒー関連のものはおしゃれさも大事ですね。

まとめ:コーヒービーンズシュガーでコーヒータイムをおしゃれに!

記事のポイントをまとめます。


1.コーヒービーンズシュガーとは?

2.コーヒービーンズシュガーは楽しみ方が色々!

3.来客用にもおすすめなコーヒービーンズシュガー。


こんな感じです。

1日1杯コーヒーを飲まれる方であれば、1セットで1か月楽しめます。

これで350円は安いなぁと思うので、私は毎月買おうかなと思っています!

Amazon コーヒービーンズシュガー(新タブで開きます)

おしゃれなコーヒー関連のアイテムは、砂糖だけではなく色々あります。

興味のある方は関連記事⇩を見ていってくださいね!

 

 

タイトルとURLをコピーしました