ドリッパーは安くて汎用性の高いHARIO V60がおすすめ!珈琲屋さんも愛用する名器。

コーヒーグッズ

この記事を読んで分かること:

ドリッパーを1つだけ持つなら、浅煎りにも深煎りにも対応できて汎用性が高く、しかも300円とお手頃な HARIO V60 がおすすめです!


ドリッパーを探している方

「今ドリッパーを買おうか迷っとる。どうせなら良いやつで安いのがええなあ。何かおすすめのドリッパーない?」

そういった疑問にお答えします!

◇本記事の内容

1. ドリッパーを1つだけ持つなら HARIO V60 がおすすめ!

2. HARIO V60 の得意な浅煎りを淹れる【実演】

3. 注ぎ方に気をつけて HARIO V60 で深煎りを淹れる【実演】


皆さん、こんにちは!

HARIO V60 ヘビーユーザーの珈琲ユーチューブロガーこんろです。

ということで、今回は “HARIO V60 ドリッパー” についてお話しします。

この記事が、皆さんのコーヒーライフのお役に立てば嬉しいです。

□ HARIO V60 ドリッパー クリア

Amazon

(新しいタブで開きます↑)

この記事を書いた人
今野直倫

【放浪のバリスタ / WEBライター】コーヒーとモノ書きで生きてる25歳。|心気症を患い、通勤中に倒れて「好きなことをする」と決めました。|全国各地でカフェ開催 / コーヒー販売 / コーヒーコラム執筆|周りの人を助けるための会社を作ります。

今野直倫をフォローする

1. ドリッパーを1つだけ持つなら HARIO V60 がおすすめ!

結論からいうと、ドリッパーを1つだけ持つなら、HARIO V60 がおすすめです!

理由は、浅煎りにも深煎りにも対応できて汎用性が高く、しかも300円とお手頃なやからですね。

この HARIO V60 めちゃくちゃ人気でですね、もはや一家に一台HARIOV60の時代!

と言って過言でないくらいの普及率なんですよ。

最近行くカフェ行くカフェ、けっこう HARIO V60 で淹れているところが多いですね。

直近やと、light up coffee さん(吉祥寺・下北沢・京都)が使っていました。

このように家庭にもお店にも普及している理由は、安価であることと、汎用性が高いということが大きいです。

Amazon さんなら300円弱で買えますし、深煎りも浅煎りも美味しく淹れられます。

HARIO V60 はドリッパーの中ではかなり湯が落ちるのが速い方ですが、速いのは注ぎ方でいくらでもカバーできます。

逆に、落ちるのが遅いドリッパーで早く落とすというのは、物理的に無理ですからね……。

落ちるのが速い HARIO V60 は幅を出せるので、家庭でもお店でも選ばれているんでしょう。

2. HARIO V60 の得意な浅煎りを淹れる【実演】

では、まずはHARIOV60の得意とする浅煎りを淹れます⬇︎

淹れ方の方向性としては味をしっかり出してやることですね。

なので、土手は作らずに、しっかり粉が撹拌されるようにします。

また、高温で淹れることで、味を引き出しやすくするのもポイントです。

そして、豆を細く挽いて、勢いよく注ぐいで味を引き出してやります。

ただ、後半は渋みが出やすいので、優しく注いであげてくださいね!

一言で言うと、短時間でガッと味を出すのが浅煎りのコツです。

それにフィットするのが、お湯の抜けが良いこの HARIO V60 ドリッパーなんですよね。

3. 注ぎ方に気をつけて HARIO V60 で深煎りを淹れる【実演】

今度は HARIO V60 で深煎りを淹れてみます!

浅煎りよりは少しだけ気をつけて淹れる必要があるので、少し注意して読んで頂けると嬉しいです⬇︎

深煎りの淹れ方の方向性は、雑味を出さないことですね。

浅煎りとは方向性が真逆になるので、注意しなければなりません。

雑味を出したくないので、土手を作り粉が泳がせないことが重要になってきます。

また、低温で淹れる、粉を粗めに挽くというのも味を出来るだけ出し過ぎないようにする工夫です。

深煎りは、焙煎がかなり進んでいるので、それだけで既に味が出やすいんですよね。

先ほど言ったように、HARIO V60 は湯の落ちるスピードが早いのでじっくりめに注ぐと良いですよ。

そうすると、ボディのあるどっしりしたコーヒーになります。

ただ、後半は雑味が出やすいので、湯は濃さの調整程度に注ぐイメージでやってみてください!

□ HARIO V60 ドリッパー クリア

Amazon

(新しいタブで開きます↑)

◯まとめ

本記事の内容をまとめます。


1. ドリッパーを1つだけ持つなら HARIO V60 がおすすめ!

2. HARIO V60 の得意な浅煎りを淹れる【実演】

3. 注ぎ方に気をつけて深煎りを淹れる【実演】


こんな感じですね。

今回は、”HARIO V60 ドリッパー” についてお話ししました。

私はもう1年強くらい今の HARIO V60 ドリッパーを使っていますが、一向にひびが入ったりする様子は見られません!

300円でこれだけ使えると考えたら、1日換算1円にもならないのでコスパ良すぎですね。笑

HARIO V60 ドリッパーが気になる方は、こちらをチェックしてみてください⬇︎

□ HARIO V60 ドリッパー クリア

Amazon

(新しいタブで開きます↑)

今回は、以上です。

SNS(Twitter・YouTube・Instagram)もやっていますので、良かったらそちらからも気軽に質問してくださいね!

タイトルとURLをコピーしました