中煎り【ハイロースト】には、KONOがオススメ!淹れ方公開!

おうちカフェ

6畳1Kのウチカフェからこんにちは!

毎日飽きもせずに珈琲を淹れているKOnnROです。笑

毎日珈琲を淹れていれば、当然失敗することもあります。

それが、昨日のこと。

エグ味・酸味・渋みの三大悪要素を伴った珈琲を淹れてしまいました……。

あれは、飲めたもんじゃありませんでしたね。

飲みましたが。笑

ということで、今日はその教訓を生かし、色々試行錯誤した結果辿り着いた「中煎り豆にBESTな淹れ方」をご紹介致します!

最近なんだかドリップがうまくいかない……という方は是非参考にしてみてください♪

この記事を書いた人
今野直倫

【バリスタ兼WEBライター】
通勤中に泡を吹いて倒れ教師辞める➡︎出張カフェ&WEBライター開始➡︎現在|全国各地で出張カフェ。本州一周出張カフェ旅。おうちや公園にも出張|お支払いは『投げ銭』|JSFCAコーヒーソムリエ・食品衛生責任者・飲食営業許可取得。

今野直倫をフォローする

1. 何がいけなかったのか。

先日淹れた珈琲は、Twitterにもその記録をあげました。

参考になるものではないのですが(笑)、自らを戒めるための記録です。

そのツイートがこちら↓

ということなんですよね。

【苦味が強すぎる・渋みがある】、というのは大抵【過抽出気味】になっていることが原因なんですよね。

なので、【抽出時間を短くする】それから【粉全体を均等に使う】ことで、その改善を試みました。



2. ドリッパーをKalitaからKONOに変えた

上の二つを改善する方法は、注ぎ方を変える、という方法もあります。

しかし、そのやり方には限界があります。

なぜなら、Kalitaのような扇形ドリッパーは、そもそもドリップ時間が長くなるような設計になっているからです。

それなら、ドリッパーを変えて仕舞えばいいじゃないか!

ということで、【KONOドリップ名人】の登場です♪

このドリッパーは、ある程度こちらの注ぎ方で抽出スピードをコントロールできます。

KONOのドリッパーは、他社のドリッパーに比べて、玄人向けやと言われていますね。

ただ、円錐形なので、粉が左右対称?といえばいいのでしょうか?

お湯が均等に当たりやすいような設計になっていますよね^ ^

扇形ドリッパーは、粉を入れる部分が大雑把にいえば四角形なので、全ての粉に均等にお湯を当てるのは難しいのです。

うまくいかないときには、思い切ってドリッパーを変えてみるのは、一つの手ですね!



3. ドリップの仕方

ここは、言葉で説明するよりも動画で見てもらった方が簡単やと思うので、Twitter(5倍速ver.)とYouTube(通常ver.)を載せておきますね^ ^



4. まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回、ハイローストのお豆の淹れ方、ということでしたが、どんなお豆で淹れるにしても、考え方が大事ですね♪

試行錯誤してみると、新たな発見があるかもしれませんよ!

では、今回はこの辺で。

じゃあ、またね👋

今回使用したドリッパー↓

Amazon KONO ドリップ名人
楽天 KONO ドリップ名人4人用 クリア TF-40 円錐型コーヒードリッパー

↓ クリックして頂けると励みになります^ ^


コーヒーランキング

にほんブログ村 グルメブログ コーヒーへ

コメント

タイトルとURLをコピーしました