コーヒーグッズ

フレンチプレスはボダムで決まり!!味で選ぶならボダム一択【※個人的見解です】

この記事を読んで分かること:

フレンチプレスを味で選ぶなら、粉っぽさの少ないボダムさんのフレンチプレスが、個人的にはおすすめです!


フレンチプレスを探している人

「新しくフレンチプレスを買いたい!でも、フレンチプレスって全部同じように見えて、選べん……。おすすめのフレンチプレスを教えて?」

そういった疑問にお答えします!

◇本記事の内容

1. フレンチプレスは味で選ぶならボダム一択!

2. ボダムのメリット・デメリット。

3. こうやって使うのがおすすめ。


皆さん、こんにちは!

朝コーヒーはフレンチプレスで淹れる、珈琲ユーチューブロガーのこんろです。

ということで、今回は “ボダムさんのフレンチプレス” についてお話しします。

この記事が、皆さんのコーヒーライフのお役に立てば嬉しいです。

BODUM ボダム KENYA フレンチプレスコーヒーメーカー
Amazon

楽天

(新しいタブで開きます↑)

1. フレンチプレスは味で選ぶならボダム一択!

結論からいうと、フレンチプレスを味で選ぶなら、粉っぽさの少ないボダムさんのフレンチプレス一択です。

これはあくまで個人的な見解です。

が、フレンチプレスは色々試してきたので、信頼性はそれなりにあると思います。

関連記事:
フレンチプレスを比較!3種類の中でおすすめは?違いは?
(新しいタブで開きます↑)

そんな数あるフレンチプレスの中で、ボダムさんのが私的には最強でしたね。

価格は、1000円程他社のものより高いのですが、やはりその分性能は抜群です。

見た目に関しても、シンプルなデザインで洗ったり保管したりしやすく、インテリアの邪魔をしません。

味に関しては、これは私の好みも絡んでくるのですが、粉っぽさが圧倒的に少なくて飲みやすいですね!

コーヒーの粉っぽさが苦手やなぁという人は、少し値段は張りますがボダムさんのフレンチプレスをおすすめします。

BODUM ボダム KENYA フレンチプレスコーヒーメーカー
Amazon

楽天

(新しいタブで開きます↑)

2. ボダムのメリット・デメリット。

ボダムさんのフレンチプレスは非常におすすめなのですが、もちろんデメリットもあります。

ここでは、個人的なボダムフレンチプレスのメリットデメリットをお話ししていきますね。

まずは、デメリットから。

デメリットは、そのシンプルデザイン故に、目盛が撤廃されていることです。

これは、他社のものは目盛があるものが多かったので、困ったというか、こういうのもあるやなぁという感じでした。

メリットは多いのですが、1つだけ挙げるとすれば、フィルターがしっかりしていて粉をカットしてくれることですね。

プランジャー(グッと押し込むやつ)を下げてみると分かるのですが、なかなか硬めの設定です。

また、金属フィルター部分を他社のものと比べてみると、若干細かくなっているように見受けられました。

こういった設計により、粉を通しにくくなっているんですね!

デメリットである目盛がないというのは、スケールで測れば問題ないので総じて満足できる商品でした。

3. こうやって使うのがおすすめ。

では、私が実際にどうやってこのボダムさんのフレンチプレスを活用しているか、ご紹介します!

これは、今朝のお話になります。笑

私は、朝コーヒーはだいたいボダムさんのフレンチプレスで淹れていて、今朝も例に漏れずこれを使用。

ボダムさんのフレンチプレスに限らず、フレンチプレスは粉を入れてお湯を注いで4分待つだけでコーヒーができます^ ^

その間に出かける準備(着替え、歯磨きなど)ができるので、めちゃくちゃ効率的です^ ^

そして、準備万端の状態になったらコーヒーが出来ていて、それをゆったりと啜る。

コーヒーへの拘りはある方やけど、その反面手間がかかるのは苦手な私。

そんな私にとって、ボダムさんのフレンチプレスは、ぴったりなグッズでしたね!

そんな私みたいな方に、このボダムさんのフレンチはおススメしたいです。

BODUM ボダム KENYA フレンチプレスコーヒーメーカー
Amazon

楽天

(新しいタブで開きます↑)

◯まとめ

本記事の内容をまとめます。


1. フレンチプレスは味で選ぶならボダム一択!

2. ボダムのメリット・デメリット。

3. こうやって使うのがおすすめ。


こんな感じですね。

今回は、”ボダムさんのフレンチプレス” についてお話ししました。

ボダムさんのフレンチプレスが気になる方は、こちらにリンクを貼っておきますので、覗いてみてください!⬇︎

BODUM ボダム KENYA フレンチプレスコーヒーメーカー


Amazon

楽天

(新しいタブで開きます↑)

今回は、以上です。

SNS(Twitter・YouTube・Instagram)もやっていますので、良かったらそちらからも気軽に質問してくださいね!

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

PAGE TOP