【若手祭】プレゼン大会でおもむろにコーヒーを淹れ始めてみた。

カフェオープン

25歳くらいの若手が集まって、『自分のこと・好きなこと』をプレゼンする若手祭。

総勢50名程度が集まり、各々スライドショーでプレゼンをしていきます。

そんな中、今野は、おもむろにコーヒーを淹れ始めてみました。

この記事を書いた人
今野直倫

【出張バリスタ兼WEBライター】
通勤中に泡を吹いて倒れ教師辞める➡︎出張カフェ&WEBライター開始➡︎現在|全国各地で出張カフェ。本州一周出張カフェ旅。おうちや公園にも出張|お支払いは『投げ銭』|JSFCAコーヒーソムリエ・食品衛生責任者・飲食営業許可取得。【11月末までに30万用意してキッチンカーを作る】

今野直倫をフォローする

そもそも若手祭って何?

僕も今回、始めて若手祭に参加させてもらったので、全てを捉えてはいないと思いますが。

簡単にいえば、社会に出始めた若手が、お互いに知識や情熱、夢を共有し合おう!という会です。

自己啓発系、好きな映画だけにとどまらず、東京メトロについて詳しく語る方もいました。

普段触れることのない世界に、たくさん触れることができるステキなプレゼン大会です。

おもむろにコーヒーを淹れ始めてみた。

まずは、こちらのツイートをご覧ください↓

簡単にいうと、変わったことをやって目立っちゃおう!という作戦です。

そうです。目立ちたがりやです。笑

ただ、変わったことをやるというのは(しかも、初参加で……)、なかなか不安もありました。

そして、本番。

休憩を挟んで僕の番やったので、休憩中にせっせとお湯を沸かし始めます。

休憩明けで、まず、hungrysさん作成のステキなPVを流します↓

【PV】今野直倫|元教師WEBライター兼出張バリスタ

反応は……けっこう良い!!!

「カッコいい」という嬉しい言葉も!!(hungrysさん、ありがとうございます)

そして、軽く自己紹介をして、本来ならポインターでスライドショーを捲るところですが。

コーヒーを淹れ始める男。

コーヒーの美味しい淹れ方についてレクチャーしながら、実演で淹れていきます。

このときの僕の心境としては、けっこうドキドキでしたね。笑

プレゼン大会でコーヒーを淹れた……結果。

「芳醇な香りがする。」

やる前はどうなるかと思ったこの作戦ですが、結果……思い切ってやって良かったです。

「コーヒーってこんなに苦くないの?」

「芳醇な香りがする!」

「めちゃくちゃ飲みやすい」

「プレゼン良かったよ!!」

こんなコメントをいただきまして、嬉しくて嬉しくて嬉しすぎました。

また、プレゼンの後も「コーヒー飲ませて」と多くの方に声をかけていただきました。

そこから会話が弾んで、「今度イベントをやろう!」「キッチンカー手伝わせて!」という話にもなりました。

昨日声をかけてくださったみなさん、本当に嬉しかったです。

今後ともよろしくお願いします!

おわりに

今回は、若手祭という場を借りて、本当に良い経験をさせていただきました。

また、プレゼンにおいてもコーヒーは1つのエンタメになるということもわかりました。

「コーヒーは飲むだけのものではない」

僕は、コーヒーの味や香りだけでなく、広く捉えた可能性を模索し続けています。

キッチンカーも、その可能性の1つ。

コーヒーと他ジャンルのものが組み合わさることで、さらに可能性は広がるんやないかなと。

ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました