Gene Cafe コーヒーロースター(電動)は豆がハゼない!?解決法と使い方!

おうちカフェ

Gene Cafe でコーヒーを焙煎している方

「Gene Cafe でコーヒーを焙煎しているけど、豆がハゼない……!なぜ?どうしてハゼないの?豆がハゼるようにするにはどうしたらいいか、使い方を知りたい!」

そういった疑問にお答えします!

◇本記事の内容

1. Gene Cafe コーヒーロースター(電動)は豆がハゼない!?

2. ハゼるようにするにはどうしたらいい?【理由】

3. Gene Cafe のメリットと理想の使い方。


皆さん、こんにちは!

珈琲ユーチューブロガーのこんろです。

最近、Gene Cafe コーヒーロースターを、行きつけの自家焙煎珈琲屋さんのマスターにお借りして使わせて頂いています。

そこで困ったのが、「豆がハゼない!」ということです。

ということで、今回は”Gene Cafe コーヒーロースター(電動)で、豆がハゼないときの解決法と使い方”についてお話ししていきます。

この記事が、皆さんのコーヒーライフのお役に立てれば幸いです。

この記事を書いた人
今野直倫

【出張バリスタ兼WEBライター】
通勤中に泡を吹いて倒れ教師辞める➡︎出張カフェ&WEBライター開始➡︎現在|全国各地で出張カフェ。本州一周出張カフェ旅。おうちや公園にも出張|お支払いは『投げ銭』|JSFCAコーヒーソムリエ・食品衛生責任者・飲食営業許可取得。【11月末までに30万用意してキッチンカーを作る】

今野直倫をフォローする

1. Gene Cafe コーヒーロースター(電動)は豆がハゼない!?

Gene Cafe コーヒーロースター(電動)での焙煎では豆はハゼないのか。

結論からいうと、条件を揃えればハゼさせることは可能です。

しかし、何も考えずに普通に Gene Cafe で焙煎をしていると。

「この焙煎機で焙煎すると、豆ハゼんくない???」

と、戸惑うことになります。

私も一番最初に使ったとき、これに悩まされました。

焙煎を始めて、10分、20分。

待てど暮らせど、一向にハゼる気配はありません。

そして、どんどん豆は色付いていき、最終的に真っ黒に……。

エスプレッソで使うような極深煎りの豆になってしまいました。

このように、豆がハゼずに焙煎が進んでしまうと、焙煎度合の見極めが難しく困ってしまいますよね。

でも、”ある条件”を整えれば、電動の Gene C afe でもハゼさせることはできます!!

次節ではその方法と理由を見ていきましょう。



2. ハゼるようにするにはどうしたらいい?【理由】

Gene Cafe コーヒーロースターで、豆がしっかり爆ぜるようにするにはどうしたらいいのでしょうか?

結論からいうと、豆の量を増やして、温度を上げれば、豆はハゼてくれます!

具体的には、豆の量を【300g】以上、温度は【240℃】にするとハゼます。

しかし、公式の情報を見てみると、このように書いてあります⬇︎


一回の焙煎量はチャンバー側面の矢印の指すライン以内かつ生豆時250gです。

容量に余裕のある100g〜200g程度焙煎をおすすめいたします。


マックス250gやんけ!!

と思って250gでやると、私の場合はハゼませんでした。

しかし、この公式情報を無視して、無理やり300g入れると、⬇︎の動画のようにハゼてくれます!

実はこれ、めちゃくちゃ試行錯誤して、何回めかでハゼさせることができました。笑

なので、公式の通りにやってもハゼない!という方は私と同じ状況やと思うので、この分量と温度で一度試してみてください。

で、なぜ豆の量が少なく温度が低いとハゼないのかという理由を説明します。

豆がハゼないというのは、熱が上手く伝わっていないことが原因です。

温度が低いと、当然ですが豆には熱が伝わりにくいですよね。

また、豆が少量の場合は、熱風がうまく豆に当たらず温度が上昇しにくいようです。

「よし、わかった。これで焙煎できるぞ!」

と思った方。

ちょっと待ってください!!!

このまま焙煎を始めると、後悔する事態になりかねないので、次節を読んでから判断してください!



3. Gene Cafe のメリットと理想の使い方。

Gene Cafe コーヒーロースターを使ってみて、この焙煎機の主なメリットには、以下のようなものが挙げられると感じました⬇︎


・温度の設定が容易

・時間の設定が容易

・チャフが出ない

・煙が出ない

・コンセントがあれば使える


これを見ると、めちゃくちゃ家庭での趣味焙煎向きな焙煎機やということがわかりますね。

特に、コンセントを電源にして動き、チャフも出ず、煙も出ないというのは、お家で使うにはもってこいなのではないでしょうか。

ここで、先ほどの話に戻ると、ハゼさせるには豆の量を増やし、温度を上げるということでした。

こうするとどうなるかというと、煙が出てきてしまいます。

詳しくは動画を見て欲しいのですが、まあまあたくさん出ます。笑笑

これを考慮に入れて、Gene Cafe コーヒーロースターの本来の持ち味を生かすことを考えると、果たしてハゼさせることがいいのかどうかということは甚だ疑問です。

最終的な選択は、もちろん実際に使う皆さんに委ねられます。

が、本来の使用域を超えて使うことは、もちろん機械に負担をかけることにもなりかねません。

私としては、必ずしもハゼさせる必要はなく、むしろこの焙煎機の特色を前面に出す使い方が良いのかなと思いました。



◯まとめ

本記事の内容をまとめます。


1. Gene Cafe コーヒーロースター(電動)は豆がハゼない!?

2. ハゼるようにするにはどうしたらいい?【理由】

3. Gene Cafe のメリットと理想の使い方。


こんな感じです。

Gene Cafe コーヒーロースターは、電動の焙煎機ですので、普段直火でやられている方には、慣れない部分が多いかと思います。

しかし、Gene Cafe コーヒーロースターには、Gene Cafe コーヒーロースターの良いところがあります。

何回か使っていくと、慣れてくると思うので、ぜひ長い目で見てやってください!

今回は以上です。

SNS(Twitter・YouTube・Instagram)もやっていますので、そちらからもコメント・感想頂けると嬉しいです!

関連:初心者におすすめしたい焙煎機アウベルクラフト

コメント

タイトルとURLをコピーしました