珈琲の酸味と苦味どちらが好まれる?【443人に聞きました】

おうちカフェ

先日、こんなTweetをしました。↓

珈琲の味わいといえば、基本的には【苦味】と【酸味】ですよね。

どちらが好きかというのは、珈琲好きにとって永遠の疑問。

そんな疑問に答えていきます。

(耳で聞くブログ👂→珈琲の酸味と苦味どちらが好まれる?【443人に聞きました】

◇本記事の内容

・酸味派と苦味派どっちが多い?

・それぞれの派閥にオススメの豆

・結論: 珈琲らしさに軍配が上がった


6畳1Kのウチカフェからこんにちは!

超珈琲趣味人のこんろです。

いつも何となく疑問に思っていたこと。

「珈琲の酸味と苦味ってどっちが好きな人多いんやろ?」

こういった疑問を持っている方は、私だけじゃないはず!

ということで、フォロワーさんに協力してもらい、アンケートを取りました。

本記事では”珈琲の酸味派と苦味派どちらが多いのか”という疑問について答えます。

この記事を書いた人
今野直倫

【バリスタ兼WEBライター】
通勤中に泡を吹いて倒れ教師辞める➡︎出張カフェ&WEBライター開始➡︎現在|全国各地で出張カフェ。本州一周出張カフェ旅。おうちや公園にも出張|お支払いは『投げ銭』|JSFCAコーヒーソムリエ・食品衛生責任者・飲食営業許可取得。

今野直倫をフォローする

◎酸味派と苦味派どっちが多い?

早速アンケート結果を開票していきます。

アンケートは計443人を対象に行いました。

◯苦味派が圧倒的に多い

結論からいうと、圧倒的に苦味派が多いです。

ついでバランス派、酸味派という結果になりました。

この結果、いかがでしょうか?

私としては、苦味派が多いという予想は立てていたものの、ここまで差が開くとは思いませんでした。

【苦味より】を選んだ理由としては、

・甘いお菓子を一緒にいただくと、強めの苦味で引き立てられるから。

・ほっと落ち着いて飲めるから。

・酸味が苦手だから。

などがありました。

◯意外と多かったバランス派、酸味派は一番少ない

私の予想に反して多かったのがバランス派。

“バランスタイプ”を選んだ理由としては、以下のようなものがありました。

・美味しいブレンドに出会って珈琲を好きになったから。

・特にこだわりがないから。

・酸味も苦味も好きで、敢えていうならバランス派。

「クセのない味」というのも決め手になったようです。

それから、思ったほど伸びなかったのが、酸味派。

サードウェーブ系のコーヒースタンドも増えているし、スペシャルティコーヒーも浸透し出した今でも、依然酸味派の方は少ないようです。

”酸味より”を選んだ方は以下のような理由を挙げていました。

・酸味よりのコーヒーが今までのコーヒーのイメージを変えたから。

・これはコーヒーではない!というものに出会えるから。

・苦味が苦手だから。



◎それぞれの派閥にオススメの豆

ここでは、それぞれの派閥にオススメの豆を紹介します。

もし、お客さんにコーヒーを出す機会があれば、頭に入れておくと役に立ちますね。

以下は、ネット販売も行なっている横砂園さんのお豆です。

注文後焙煎してくれて、届くのも早い、というのが気に入っていますね。

◯苦味派にオススメの豆

横砂園 バリアラビカ神山

酸味が少なく、柔らかな苦味を持っているが、深煎りするとびっくりするほどの甘味を楽しむことが出来る。

横砂園 スーパーマンデリン

柔らかな舌触り、豊かなボディとスパイシーな後味。

横砂園 ケニアAA

やや深煎り以上で、濃厚なコクと甘酸味、深煎りでは独特な甘味が生まれます。

◯バランス派にオススメの豆

横砂園 ブルーマウンテンブレンド

ブルーマウンテンの上品さはそのままにバランスよく酸味と苦味をプラスし、コクを出しました。味・香り・コクの三拍子が揃っている。

横砂園 横砂園ブレンド

ブラジル・コロンビアをベースに、さらっと飲みやすいブレンド。

横砂園 ブラジルダテーラ

酸味は弱く、香り・コクのバランスの良さが特徴。

◯酸味派にオススメの豆

横砂園 エチオピアモカイリガチェフェG1

バランスのとれた酸味・花のような甘い香りが特徴。

横砂園 ドミニカカツーラ

さっぱりとした味と飲みやすさが特長。

横砂園 コスタリカ

ナッツを思い浮かべるような香り豊かなアロマ、しっかりとしたコクがありながら、後味は熟したチェリーのような甘味を感じさせます。



◎結論: 珈琲らしさに軍配が上がった

結論としては、”珈琲らしさ”に軍配が上がったかなという感じですね。

◯”珈琲らしさ”が苦いコーヒーを選ばせている

今回のアンケートに答えるにあたって、このような基準で選ばれた方が少なくありませんでした。

・苦味がある方がコーヒーを飲んだという気分になる。

サードウェーブの流れが来た今でも、依然コーヒーといえば”苦い”というイメージは強いようですね。

私の経験でも、友人をカフェに誘うと「苦いからコーヒー飲めへんねん」という風にして断られる(笑)ということはよくあります。

やはり、一般的な”コーヒーらしさ”といえば”苦味”というのは、未だに根強いものがありますね。

◯コーヒーが苦手な人には酸味よりのコーヒーを勧めてみる

では、コーヒーが苦手な方にどういったコーヒーを勧めればいいのか。

もっといえば、どうやってコーヒー沼に引きずり込むのか。笑

今回のアンケートでこのように答えてくれた方がいました。

・コーヒーは苦くて嫌いだったが、果実の様な酸味の美味しさや香りに出逢って、衝撃を受けて好きになった。

こういうこともあるんやなぁと感心したのですが、これは確かに一理ありますよね。

コーヒーを普段飲まない人は、コーヒーを苦いものだと思い込んでいることがありますからね。

酸味系のコーヒーを勧めてあげると、意外と気に入ってくれるかもしれませんよ。



◎まとめ

今回の記事をまとめます。


・酸味派と苦味派どっちが多い?

・それぞれの派閥にオススメの豆

・結論: 珈琲らしさに軍配が上がった


こんな感じです。

今回のアンケートは、単純にどちらが好みの人が多いんやろ?という疑問から始まったものでした。

ただ、結果を考えてみると、未だにコーヒーの味わいといえば苦味が優勢で、”コーヒーは苦い”という先入観が残っていることがわかりました。

機会があれば、コーヒーが苦手な方に、酸味よりのものを勧めてみてはいかがでしょうか?

きっと、それまでのコーヒーのイメージが一気に変わるはずです。

それでは、今回は以上です。

ご質問等あれば、Twitter・YouTube・Instagramでも受け付けています。

では。

コメント

タイトルとURLをコピーしました