ケトルを急須で代用するときの珈琲の淹れ方全行程!

おうちカフェ

6畳1Kのウチカフェからこんにちは🌞

最近、急須で珈琲を淹れることにハマっているKOnnROです。

ドリップケトルも持っているのですが、急須のちょっとした不自由さが、工夫のしがいがあって楽しいんです♪(← 変態やなぁ笑)

ということで、ケトルを急須で代用する際のドリップの行程をまとめてみました。

お家に急須やティーポットがある!という方は、ぜひ参考にしてださい!

この記事を書いた人
今野直倫

【出張バリスタ兼WEBライター】
通勤中に泡を吹いて倒れ教師辞める➡︎出張カフェ&WEBライター開始➡︎現在|全国各地で出張カフェ。本州一周出張カフェ旅。おうちや公園にも出張|お支払いは『投げ銭』|JSFCAコーヒーソムリエ・食品衛生責任者・飲食営業許可取得。【11月末までに30万用意してキッチンカーを作る】

今野直倫をフォローする

1. 準備するモノ

こちらは普通にペーパードリップで淹れる際とあまり変わりません。

ドリッパー、ペーパー、サーバー、ミル、豆、そして急須ですね。

ここでの一つ目のポイントは、珈琲は豆で用意するということです。

出来れば普段からそうした方がいいのですが、急須でお湯を注ぐ際は、さらに重要性が増してきます。

その理由としては、粉の状態で保存された珈琲は劣化しやすく、エグみが出やすくなっている可能性があるということ。

もう一つ大事な理由があるのですが、それは後ほどご紹介します。

二つ目のポイントは、ドリッパーの形状です。

ドリッパーの形状は湯をさらっと落としやすい、円錐形の一つ穴のものがいいでしょう。

ここでは、KEY COFFEEさんのクリスタルドリッパーを使っています。

湯がゆっくり落ちてドリップ時間が長くなると、しっかりした苦味が出てくるのですが、その分渋みやエグみも出やすくなってきます。

湯の落ちるスピードが比較的速くなるようなドリッパー、例えばハリオV60やコーノ名門ドリッパーなどの円錐形がおススメですね。



2. 豆を挽こう。

先程も言った通り、珈琲は豆の状態なので、挽かなければなりません。

ですが、逆にいえば、挽き方を調整できるということでもあります。

これが豆で用意する二つ目の理由です。

豆は自分で挽いて、中粗挽きくらいの、いつもより粗めの粉にしましょう。

粉を粗くすることで、雑味の少ないスッキリした味わいを出しやすくなります。

また、粉は普段より気持ち多めに用意するといいでしょう。

これもまた、エグみや渋みといった雑味を抑えることに繋がります。

珈琲を美味しく淹れるポイントは、いかに「不味い」と感じる成分をださないか、です。

急須で淹れる際は、特に雑味が出やすくなるので、気をつけたいですね。

なぜ雑味が出やすくなるのかは、後ほど説明します。



3. ドリッパーとサーバーを温めよう。

お湯が沸いたら、サーバーにドリッパーをセットします。

そして、ドリッパーにお湯を回し掛けて、ドリッパーとサーバーを温めます。

こうすることで、ドリップの際に珈琲が冷めてしまうことを避けます。

また、この行程を行うのには、もう一つ大事な理由があります。

それは、湯の温度を下げる、ということです。

一度サーバーに注いだ湯を、急須に移すと、それだけで湯温が90℃以下に下がります。

湯温が高いということも、雑味を出す原因になりますので、お湯は適切な温度まで下げてから使いましょう。



4. いよいよドリップ! 急須で湯を注ぐ!

では、ドリッパーにペーパーフィルターをセットして、粉を入れましょう。

ドリッパーを揺らして、粉を均してあげてくださいね。

そしたら、いよいよドリップに入りますよ!

急須で湯を注ぐと、もちろんですが、ドリップケトルと比べて、狙った所に湯が落としにくい&湯が暴れやすいです。。。

だから、同じ場所にばかり湯が掛かってしまって過抽出になったり、湯だまりができて粉が泳いだりと雑味が出やすくなるんですね。

そこで意識するコツは、ビビらない!ということです。

根性論かよ(笑)と思われるかもしれませんが、重要です。

なぜなら、慎重に注ぎ過ぎると、ちょろちょろと注ぎ口を伝って、急須の底面からお湯がポタポタと垂れる、という事態になりかねないからです。

そうすると、もちろん狙った所にはお湯は落ちてくれません。

思い切って、お湯は出しましょう。

そしたら、後は、普通のハンドドリップの際と気をつけることは同じです。

別記事でご紹介しますので参考にしてください。



5. まとめ

これで、本当に急須で湯を注いだの!?

というくらい美味しい珈琲が入ります。

急須って凄いですねぇ。

さすが和の心。(← 関係ないか。笑)

ということで、皆さんも急須でドリップ挑戦してみてください!

きっと急須のポテンシャルにびっくりすると思いますよ!笑

では、今回はこの辺で。

じゃあ、またね👋

コメント

タイトルとURLをコピーしました